ライブ演出×テクノロジーが次に向かう未来は? PAX JAPONICA GROOVE×VJyou対談

写真拡大

 黒坂修平によるソロプロジェクトPAX JAPONICA GROOVEが、2018年1月5日に代官山UNITで「音とインタラクティブエキシビジョンの融合」をテーマにテクノロジーを駆使したワンマンライブを開催する。

 同ライブには、VJ/プロジェクションマッピングのクリエイターであるVJyouやMarimosphereをはじめ、レーザーショーチームのVenusLaserといった映像や照明の専門家がステージを演出。そのほか、Tokyo Lighting Designによる音とシンクロさせるサウンドリアクディブライティングや、空中パフォーマンスユニット・GROviARTによるエアリアルパフォーマンスも行われる。また、PAX JAPONICA GROOVEらによるDJはもちろん、和楽器奏者やボーカリストをゲストに迎えたバンドセットでの演奏など、様々なクリエイターが参加する、新しいエンターテイメントの形を追求したステージになるようだ。

 リアルサウンドでは、PAX JAPONICA GROOVEとVJyouにインタビュー。ライブの枠を越える総合エンターテインメントを目指したきっかけから、テクノロジーの進歩によって進化するライブ演出の現在地、音楽作家と映像作家から見た音楽×テクノロジーの未来について語ってもらった。(編集部)

――お二人はこれまでにお仕事をご一緒したことがあるのでしょうか?

黒坂:今回のワンマンライブが初めてになります。自分がライブをやろうと思い立ったときに舞台演出を入れたいと思ってVJや演出について調べてるなかで、VJyouさんのブログを拝見したらすごくわかりやすいことが書かれてたんですよ。それでこの方なら間違いないと思って、面識も全然ないんですけどメールさせていただたんです。

VJyou:初めてメールをいただいたときは「マニアックな方だなあ」と思いましたけどね(笑)。たぶん普通に検索しても僕のブログには辿り着けないと思うので。

黒坂:いやいやいや(笑)。

――黒坂さんはyouさんのお仕事に触れてみてどのように感じましたか?

黒坂:別の現場のリハーサルを見学させていただいたんですけど、やっぱりすごいと思いましたね。今回のライブではホログラムを入れていただくんですけど、自分はそれまで見たことなかったんです。そしたら3Dというかステージの前とか横にもホログラムが投影されてて。

VJyou:そのときに見ていただいたステージが独特でして、ステージを挟んで前と後ろの両方に別々の映像を流して、その真ん中に演者がいる形だったんです。ステージの奥行き感が少し不思議な感じだったんですよね。

――空間全体を使ったようなVJ演出をされていたんですね。黒坂さんは今回PAX JAPONICA GROOVEの初ワンマンライブを行うにあたって、なぜホログラムやプロジェクションマッピングの映像演出やレーザーなどの照明演出などを取り入れようとされたんでしょうか?

黒坂:自分はただ演奏するだけであればあまりライブをやる必要はないと思ってるんですよ。最近は体験の重要性についてよく言われますけど、CDでリリースされてる音源を現場で生で演奏するというのは結構ありきたりじゃないですか。最近は『ULTRA JAPAN』とかの大規模なフェスも多くてお客さんの目も慣れてらっしゃるので、何かおもしろいことをしていこうと思ったんです。

――なるほど。

黒坂:それと自分はPAX JAPONICA GROOVEという名義で活動してますが、この名前には「Peace from Japan=日本からの平和」という意味を込めてまして、日本は多神教の文化ということもあって“融合”を活動のコンセプトにしてるんです。何でもアリじゃないですけど、何を取り入れてもいいですよと。もうひとつは自分の音楽をライブでどうアウトプットするか考えたときに、“目に見える音楽”をコンセプトにしようと思ったんです。

――というのは?

黒坂:ライブのタイトルにも『EN:VISUAL& Extended』とありますが、PAX JAPONICA GROOVEが持ってる世界観を視覚化させて、それを拡張させることで体験してもらいたいと思ったんです。

――音楽だけでなく、視覚やさらに別の感覚を融合させたようなステージが狙いとしてあると。

黒坂:まさにそうですね。みなさん曲を聴いたらそれぞれいろんなイメージを持たれると思うんですけど、今回はそのイメージを遥かに超えた、ガツンとくるものが提案できたらと思ってます。

――VJyouさんはそういったコンセプトを聞いて、どう思われましたか?

VJyou:クラブ界隈だと、プレイヤー自体をあまり目立たせずに、空間演出と音だけで全体を作ることも多かったので、そういった文化とライブハウスの文化を上手く掛け合わせたものが作れたらと思ったんです。それとメディアアートの人にも入ってもらって、クラブとライブとメディアアートでそれぞれ似たことをやっている人たちをガッチンコさせようと。

――なるほど。黒坂さんから具体的な要望やリクエストは?

黒坂:お話させていただいてるなかで、思っていた以上のアイデアがボンボンと出てきまして(笑)。

VJyou:逆にアイデアが膨らみすぎて、ここまでは入れすぎかなあと思ったりして(笑)。アイデアはあるんですけど、それをどうまとめるかが課題としてありましたね。実際に会場に何度も下見に行って、セットを仮設で組んでみたりとかもしまして、「このセット、メンバーより目立ちそうですけど大丈夫ですか?」って聞いたり(笑)。

――具体的にお話できるところまでで大丈夫なのですが、どんな演出が行われる予定なんですか?

VJyou:今回は曲自体にテーマ性があって、全部でワンシーンというより時間帯ごとにテーマを区切ってセットを作ってます。あとは、ある意味全部のパートが音にリンクしてるんですね。映像が歌詞の世界観に連動するときもあればビートに連動するときもあって。それは照明やレーザーでもそのようにしてます。

――音と同期させてるんですか?

VJyou:半分はプログラミングで、半分は手動ですね。メディアアートやクラブ界隈ではプログラミングが進化してるので、その要素を取り入れつつ、ライブの生感も入れた感じです。

――現在のライブ演出はテクノロジーの進化と共にオートメーション化が進んでると思いますが、その進化や恩恵を実感することはありますか?

VJyou:今回で言うと、途中の過程をオートメーション化して、それを手動で追いかけられるようにしたところはありますね。例えば大きなツアーだと、音・照明・映像を全部まとめてプログラミングしたものを流すだけという事もあるんですけど、今回はそれを分割した感じで、演出側もオペレーターがかなりライブな感じで動きます。

――プログラミングで演出の精度を高めつつ、生感も残すと。

VJyou:やっぱりプログラミングで作りこんだものに合わせて演者が動くというのはあまりやりたくなかったので。テクノロジーの上に人が乗っかるのではなくて、人を拡張するためにテクノロジーが使われるというのが理想なんです。外から見たときには違いがわからないかもしれないですけど、やはり勢いみたいな部分が変わってくると思うんですね。今回は映像チームも照明チームもずっと生の現場でやってる人たちなので、原点回帰ではないですけど、ライブならではの演出になってると思います。

――お二人はクラブという空間やクラブミュージックに対して、空間演出やライブ演出の重要性をどのようにお考えですか?

黒坂:昔からクラブは非日常空間というのがありましたから、それがどんどん新しい形で変わっていってる実感はあります。いまは『ULTRA JAPAN』みたいなド派手で瞬発力の連続みたいなものが流行としてあって、そうなってくると曲の作り方も変わったりしますからね。

――youさんは普段クラブでのVJ系のお仕事も多いかと思いますが、いかがですか?

VJyou:クラブのVJも昔はプロジェクターだったのが、いまはLEDビジョンが増えたりと、映像演出はどんどん派手になっていきました。ただ、昔も今も変わらないのは、一つのイベントの中でいかにストーリーを作るかだと思っています。

――それは具体的にはどうするのでしょうか?

VJyou:例えばクラブの場合、みんな一晩のなかでストーリーを作っていくことを考えます。DJが変わるたびに照明やVJの演出も雰囲気をガラッと変えたりするんですよ。特にクラブだと基本ブースにはDJひとりしかいないので、それをいかに飽きさせずに見せるかという感覚があって、今回のライブはその感覚に近いと思います。

黒坂:今回のライブはシーンがいろいろと分かれてるんですよ。お正月なので初めは和テイストのパートがありまして、その後にDJシーンの踊る時間があるんです。そこから生演奏の時間があり、いろんなシンガーの方が出てくる歌もののシーンがあってと、いろいろ続いていくんですよ。youさんにはそのそれぞれの演出をしていただくんですね。

VJyou:ステージに集中させる演出と、客席に向かわせるタイプの演出が交互にくるんですよ。EDMの演出だとレーザーが客席のほうにガンガン当たって、そもそもDJが見えない時間も結構あるじゃないですか。あれはいままでのロック文化にはなかった演出ですよね。

黒坂:あれはテンションあがりますよね。

VJyou:だからフロアが主役の演出と、バンドが主役の演出の両方の魅力を味わえると思います。クラブに行ったことのない人は「こういうカルチャーもあるんだ!」っていう感覚を味わえると思います。ただ、普通のクラブイベントみたいにお客さん同士が語り合うような時間はないですけどね。

黒坂:それはまったくないですね。ステージからは常に目を離さないでほしいです(笑)。

――お二人は最近のライブ演出で具体的に興味を持たれたり、おもしろいと思う事例はありますか?

黒坂:今年はチームラボさんのヒカリエでのイベントに関わらせていただいたり、ライゾマティクスさんと仕事をさせていただいたんですけど、そういうものの演出を見ると時代がどんどん変わってる感覚があって興味が生まれてますね。

VJyou:そことも近いと思うんですけど、最近は照明の使い方が変わってきましたね。昔は灯体一個ごとにコントロールしていたのが、いまはすごく細かくコントロールできるようになったんですよ。今回のライブでも使うのですが、LEDのドット一個ずつが音に反応したりとかもできるようになりました。そういう場合、一旦映像で光の筋を作ってから、それを照明用の信号に変換する時もあるし、映像の色に同期して照明の色を変える時もあります。色んなやり方がありますが、最近は照明と映像が融合していっている感覚はあります。

ただ、プログラミングの複雑な照明演出で昔ながらの演出が全部カバーできるかというと、そうはいかないんですよ。だから今回は照明だけで3チーム入ってて、人じゃないとできない部分とプログラムじゃないとできない部分のそれぞれ得意なチームをみんな入れてしまえみたいな感じで(笑)。

黒坂:めちゃくちゃ贅沢ですね(笑)。

VJyou:普通の企業案件でもそういうことはよくあるんですけど、結局どこかひとつのチームに全部を任せてしまうよりかは、専門家同士を混ぜたほうがまとまりがいいと思いますね。常設型のコンテンツと違い、今回のようなライブなコンテンツの場合は得にそう思います。

――新旧のテクノロジーのプロフェッショナルが合わさることで、新しい価値が生まれるというか。

VJyou:なので今回は、メディアアートやクラブで培ったノウハウをライブハウスのパッケージに詰め込むとこうなります、みたいなことですね。

黒坂:それ自体が新しいんですもんね。

VJyou:そういう意味では演出側もマルチでないといけなくなってきましたね。映像の人が照明をかじったり、その逆もあったり、さらにプログラミングもどこかで必ず入ってくるので。

――逆にテクノロジーの進化によってデメリットを感じることはありますか?

VJyou:インターネットの進化のおかげで、初めて見たという印象を与えるものを作るのが難しくなりましたね。それこそ人の目が4つになるとか、サイボーグになるとかしない限り、まったく新しい体験というのはなくなってきてるので、そのなかでいかに個性を出すのかが課題になってます。

黒坂:想像できますし、想像の枠も広がってますものね。

VJyou:だから演出としては、真新しさというよりもいかに世界観とシンクロさせるかが重要になってくるんじゃないかと思います。

――そういう意味ではVRの進化も興味深いですよね。そういった技術を使った新しいライブ演出が生まれてきそうな予感もしますが。

VJyou:インターネットの回線がもっと速くなると、3DのVRにVJの映像を混ぜたミックスリアリティー配信みたいなものができると思うんですけど、それを綺麗な環境でやろうと思うと10ギガぐらいの光回線が必要なんですよね(笑)。実写だと多少解像度が下がってもわかりますけど、CGは解像度が下がるとただのノイズみたいになってしまうので。だからいまはネットワークが鍵になってますね。5Gが普及するはずの2020年が楽しみです。

黒坂:ネットワークはもっとサクサクとできないもんなんですかね?

VJyou:そこはプロバイダにがんばっていただかないといけないんで(笑)。VRカメラも普通に6Kの3Dが実現できてて、4Kの生配信VRも技術的には可能なんですけど、やっぱり回線速度がネックになりますね。それとテクノロジーの部分で言うと、今後はアバターが進化していくと思います。自分がヘッドセットを被って、VR空間の中のアバターが自分と同じ動きをするみたいな。

黒坂:そんなことができるんですか?

VJyou:やってる団体は、もう試験的にやっていますね。まだまだクオリティーは途上ですが。VR空間だけで行うライブとか、メンバーがみんなVRカメラに向かって演奏するライブみたいなものは増えてくるかもしれないですね。いまもコンサートを最前列で見てる感じを体験できるVRのチケット販売をやってますけど、もう少しするとスタジオライブをVR空間上で見たりもできるでしょうし。

――話は変わりますが、黒坂さんは先ほどおっしゃってたようにチームラボなどのイベント用に楽曲を制作する機会も多いですが、そういった映像のつく音楽を作るにあたって心がけていることはありますか?

黒坂:ないと言ってしまったらここで話が終わってしまうんですけど(笑)。ただ、自分の場合は意識しなくても想像の中に入りこむというか映像が見える音になるんですね。なのでテーマをいただいたら、非常に楽しくやらせていただいてます。

――そういった楽曲を作る場合、イベントによっては映像と同期させる必要もあると思うのですが、その場合はどのように制作されるのですか?

黒坂:例えば何秒とかの時間の指定をいただいて、それに合わせて作っていきます。

――映像や演出効果との親和性はどのように調整されるのですか?

黒坂:自分の普段の楽曲作りでも、いまは完全に外に向いてて、お客さんがどう楽しんでくれるかというところばかり考えてるので、そこは自然体でできるようになってますね。昔は曲に対してのエゴが強かったんですけど。

――チームラボさんやライゾマティクスさんとお仕事されたときは、どのように意識されましたか?

黒坂:演出の方からコンセプトをいただけるので、その文章なり絵を見て想像して作って、その過程でどういう風にデザインすればお客さんがどう感じてくれるのかということは考えましたね。そこは普段の曲作りでも聴き手の立場を意識して作ってるので。

――例えば、VJの演出チームとタッグを組んで制作すると、より親和性のある楽曲が生まれるイメージもあるのですが。

黒坂:ただ、そうなると下手すると相手に合わせにいってしまうというか、置きにいってる感じにもなりえますよね。

VJyou:ひとつの小説の原作があって、それをアニメ化するのか、映画化するのかの違いに近いと思うんですよ。

黒坂:そこは相手の個性なので、どうとでもしてほしいという思いのほうが強いかもしれないですね。もちろんコンセプトに沿って自分が思う最大限の楽曲は作りますけど、あとは何なら破壊してもらってもいいですし(笑)。むしろそのほうがおもしろいものが生まれるかもしれないですからね。

VJyou:自分もいままで同時並行で作って成功した覚えはないですね。音か映像のどちらかが先にあってそれに合わせる、コンテンツの核がしっかりしてないと難しいんですよ。

黒坂:もやっとしそうですしね。もしくはこじんまりと収まってしまうか。相手への遠慮があったりとかもしますでしょうし。やっぱりクリエイティブは尖がってほしいですからね。

――黒坂さんはいまご自身でレーベルも運営されていますが、その利点はどういったところにありますか?

黒坂:とにかくジャッジを早く決めれるので、自由にできるというのが大きいですね。やりたいと思ったらあちこちに相談しなくていいですし、今回のライブもどこかに所属してたら絶対に断られてますからね(笑)。

――自分のクリエイティブしたいことを自由に作れる環境にあると。

黒坂:そうですね。良くも悪くも自己責任なので、自分が納得したことをできるっていう。自分がデビューした頃はシーンで売っていく意識が強かった時代なので、レーベルに入らないとなかなかデビューもできなかったと思うんですよ。自分も昔のデモテープを送ってた音楽少年の時代は、A&Rといえば神様以上の存在だったわけですよ。なのでいまでもそういう感覚は残ってますね(笑)。いろいろな経験を経て2013年に独立しましたけど、いきなりというのは無理だったと思います。

――自分の音楽を届けるために工夫されてることはありますか?

黒坂:やっぱりブランディングだと思うんですよ。PAX JAPONICA GROOVEといえば綺麗なピアノがありつつ疾走感のある楽曲というイメージを持たれてることが多いと思うんですけど、ブランディングというのは結局お客さんがどう思ってるかだと思うんですね。もちろん自分でこうしたいというのもブランディングでしょうけど、いまはお客さんがどう思ってるかが掴めてきたと思うので、引き続きその線でがんばっていこうと思ってます。

――和テイストというのも特徴としてありますしね。

黒坂:そうですね。和テイストってけっこうコテコテになってしまいがちなので、なるべくスタイリッシュにやりたいというのはあります。あとは自分のなかで海外のマネをしないというのがありまして。海外の方が和楽器の音を使うと何か変じゃないですか。あの感じと同じで日本人が向こうのEDMを作ろうと思ってもどこか変になるんですよね。僕も作ってみたんですけど、ただの劣化版になったので(笑)。もちろん世界と戦える日本人の方もいらっしゃるんですけど。

――サブスクリプションのサービスも一般化して、世界に向けてご自身の音楽を発信するような仕組みも整ってきてると思うのですが、そういった観点でアプローチを考えたりは?

黒坂:ボーカルものに関して言うと、僕は日本人のボーカリストによく歌ってもらってるんですけど、そこは英語がネイティブの方じゃないと世界では無理だと思うんですね。で、英語がネイティブの方を使うと日本ではそれが必ずしも良いとも言い切れない部分もあって。きっとリアルというか身近な感じも大事なんですよね。なので、おいおいは考えてる状態ですね。

――背伸びしてやっても仕方ないと。最終的にこうなりたいというビジョンはありますか?

黒坂:難しいですけど、あまり考えてないです(笑)。ただ自分が作る曲に飽きてきたり、悪い意味で手癖しか出てこなくなったら辞めるんでしょうけどね。今年の6月にアルバムをリリースしたんですけど、いまも来年の春にアルバムを出すので作ってまして。だから部活が終わった後にマラソンをさせられてるような気分で(笑)。

――でも、自分で作ると決めてやってるんですよね(笑)。

黒坂:はい、自分でやってます(笑)。

――今回のライブもそうですが、いまはとにかくクリエイティブ欲が高まってるということでしょうか。では、最後にワンマンライブへの意気込みをいただけますか。

黒坂:こういうのが難しいんですよね(笑)。ただとにかくお客さんに楽しんでほしい、それだけでやってます。普段ライブやクラブに行かれない方も、僕も初めてのようなものなので(笑)是非「マストで来てください!」です。

VJyou:でも、年始の開催なので、その1年間でいちばん思い出に残るものにしたいですね。1月5日の時点でその1年間のものは全部見終わったみたいな感じで。

黒坂:盛りだくさんですからね。衝撃の年始をお送りします。(取材・文=北野創)