日本では『第九』の演奏が年末の風物詩となっている(写真:LEXUS / PIXTA)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。
蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「ベートーヴェン」。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

この連載の一覧はこちら

01. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年12月16日頃〜1827年3月26日)はドイツの作曲家

02. 音楽史ではJ.S.バッハ等と並び非常に重要な存在で、日本では偉大な音楽家を示す「楽聖」とも呼ばれる

03. 彼の誕生日についての正確な記録はないが、1770年12月17日に洗礼を受けたことは判明している

04. 神聖ローマ帝国ケルン大司教領(現ドイツ領)のボンで生まれ、祖父・父ともケルン選帝候宮廷歌手だった

05. ベートーヴェンは長男で二人の弟があったが父は酒好きで収入が安定せず、一家は祖父の援助を受けていた

06. 1773年に祖父が亡くなると生活は困窮。父は幼いベートーヴェンの才能をあてにし苛烈な音楽教育を施す

07. その裏には当時すでに少年演奏家として人気を呼んでいたモーツァルトの存在があったともいわれている

08. 父はベートーヴェンを〈第二のモーツァルト〉として売り出すべく、7歳でケルンの演奏会に参加させる

09. その才能は注目を集め、1782年にはドイツの作曲家クリスティアン・ゴッドロープ・ネーフェに師事する

10. 1787年、16歳のベートーヴェンは念願のウィーンを旅し憧れのモーツァルトを訪ねたが、母の危篤で帰国

11. 母の死後、父はアルコール依存症で失職し、ベートーヴェンは歌手・演奏家として一家の家計を支え続ける

難聴に悩まされる


12. 1791年にはモーツァルトが死去。結局ベートーヴェンのモーツァルトへの弟子入りは叶わなかった

13. しかし1792年7月ロンドンからの帰路ボンに立ち寄ったハイドンに才能を見出され、弟子入りを許される

14. 同年11月ウィーンに移住したベートーヴェンは一躍〈ピアノ即興演奏の名手〉として広く人気を博した

15. 1794年には処女作となる『ピアノ三重奏曲』を発表。少年演奏家を脱却し、音楽家としての道を歩み始める

16. ところが持病の難聴がじょじょに悪化。温泉療法を頼り、ウィーンの温泉地ハイリゲンシュタットに通う

17. しかし効果は表れず、28歳になるころには当時の最高度難聴となり音楽家の職業を失う不安感に苛まれる

18. 1802年には療養先のハイリゲンシュタットで甥のカールと弟ヨハン宛てに遺書をしたため、自殺も考えた

19. 絶望したベートーヴェンだが音楽への情熱で苦悩を乗り越え、その後は作曲家専業へとシフトしていく

20. 1804年に『交響曲第3番』を発表したのを皮切りに、その後10年に渡って中期を代表する名曲が書かれた

21. この1804年〜1814年の中期ベートーヴェンの黄金期をフランスの作家ロマン・ロランは〈傑作の森〉と表現

22. ベートーヴェンは聴力を補うべく特注ピアノを注文し、口に咥えたタクトから歯を通じて音の振動を感じた

23. これは〈骨伝導〉を利用したもので、そうして感じた音と聴力があった頃の音の記憶と知識で作曲を続けた

24. 作曲以外のときは筆談と、聴診器のような当時の補聴器を使用して周囲とコミュニケーションをとっていた

25. 40代に入るころには全聾となり、加えて神経性と思われる腹痛や下痢にも苦しんでいたといわれる

26. 晩年は体調のみならず甥の非行にも苦悩し作曲が停滞したが、その中で『交響曲第9番』等の大作を生む

27. 1826年12月、ベートーヴェンは肺炎を患ったことをきっかけに黄疸を併発し、その後は病床生活を送る

28. 病床で『交響曲第10番』に着手するが未完のまま1827年3月26日に肝硬変のために56歳の生涯を閉じた


ベートーヴェンの墓(写真:りょっち / PIXTA)

29. ベートーヴェンの葬儀は3月29日に自宅近くの三位一体教会(アルザー教会)にて行われた

30. その葬儀には2万人もの参列者が詰めかけたが、ベートーヴェンを〈神〉と崇めるシューベルトの姿もあった

31. 葬儀の後、シューベルトはワインで献杯し「私たちの不滅のベートーヴェンに!」と叫んだといわれている

32. ベートーヴェンはヴェーリング墓地に埋葬されたが、翌年シューベルトも亡くなり同墓地の隣所に眠った

33. 二人はその後改葬され、現在はウィーン中央墓地32区の〈楽聖特別区〉に納められている

プライベートな人物像は?

34. 偉大なる音楽家として知られるベートーヴェンだが、プライベートな人物像は個性的だったともいわれる

35. 身長は165兪宛紊氾時の西洋人としては中背で筋肉質。美男とはいえないものの女性には人気があった

36. しかし年齢を重ね服装に無頓着になり、弟子はその姿を「ロビンソン・クルーソーのよう」と評している

37. 無帽で歩いたことで浮浪者と間違われて逮捕され、のちにウィーン市長が謝罪する珍事もあったという

38. 生涯で60回以上の引っ越しを繰り返したといわれるが室内は乱雑だった一方、入浴と洗濯にはこだわった

39. 手を執拗に洗う潔癖症な面もあり、コーヒーは必ず豆を60粒数えてミルで挽きハンドドリップしていた

40. パンと生卵を入れて煮込んだスープや茹でたマカロニにチーズを和えたものが好物で、肉や魚料理も好んだ

41. 酒好きとしても知られ、特にハンガリーのトカイ周辺地区で生産される安価なトカイワインを愛したという

42. 一説にはそのワインの摂取量は日に3Lともいわれ、過度なアルコールが彼の健康を害した一因でもある

43. 慢性的な腹痛や下痢も抱えていたが死後に行われた解剖では肝臓、腎臓、脾臓など多臓器に損傷がみられた

44. 1995年ベートーヴェンと交流のあった指揮者フェルディナンド・ヒラー所有の遺髪がオークションに出品

45. その遺髪を米国のベートーヴェン協会が落札し、最新の技術を用いた科学的分析が行われた

46. 結果、ベートーヴェンの遺髪から通常の100倍近い鉛が検出され彼が慢性的な鉛中毒であったことが判明

47. 腹痛や下痢、癇癪やうつ症状も鉛の影響と考えられるが、どんな経緯で鉛に汚染されたかは特定されていない

48. ひとつには、当時ワインの甘味料として使用されていた無色透明な結晶である〈酢酸鉛〉の過剰摂取

49. また肝障害を起こしたベートーヴェンが1826年1月頃から受けていた腹水治療の影響という推測もある

50. 彼の聴覚障害の原因も定かではなく、鉛中毒説や耳硬化症説、先天性梅毒説など複数存在している

『交響曲第5番(運命)』の誕生

51. しかしベートーヴェンが亡くなったあとも、彼の音楽が後世の音楽家たちに与えた影響は計り知れない

52. 幼少時から彼を尊敬していたワーグナーは「ベートーヴェンの第9をもって交響曲は終わった」と語っている

53. ベートーヴェンはオペラや演劇のための音楽からピアノ曲、交響曲、管弦楽、吹奏楽など幅広く作曲した

54. 難聴に悩まされる以前、デビューしたての頃は古典派様式に忠実な明るく活気ある作品を書いていた

55. 当時20代という若さもあるが、師匠ハイドンやモーツァルトの強い影響を受けていたともいわれている

56. その後1802年に精神的危機に陥った彼はウィーン古典派の形式を再発見することでそれを乗り越えていく


ナポレオン(写真:YNS / PIXTA)

57. 従来のソナタ形式を拡大したり、旋律の元となる動機やリズムの徹底操作、楽章の連結など革新的技法に挑戦

58. こうして生み出された1804年以降の中期作品群は古典派の様式美とロマン主義を高次元で両立させていた

59. 中期の名作『交響曲第3番(英雄)』はナポレオンの偉業をきっかけに1804年に制作された

60. そして1808年にはベートーヴェンの代表作ともいえる『交響曲第5番(運命)』が誕生する

61. 独創的な伴奏を持つこの交響曲は〈静と動〉の対比が強調され、一度耳にしたら忘れないインパクトを持つ

62. この『第5番』の苦悩から歓喜に至る図式は劇的構成の手本としてのちのロマン派の音楽家に影響を与えた

63. シューベルト、ワーグナー、ブルックナー、ブラームスなど多くの音楽家がベートーヴェンに影響を受けた

64. 『交響曲第6番(田園)』は古典派交響曲としては異例の5楽章構成で田舎を訪れたときの感情が描かれている

65. 〈田園〉という標題はベートーヴェンが制作した交響曲のなかで唯一、彼自身によってつけられたものである

66. 続く『交響曲第7番』は1812年の作曲当時は評判が芳しくなかったが、最も完成度が高いとされる

貴族の娘テレーゼへの恋心を表現した曲

67. ベートーヴェンは終生ピアノを愛したが、当時ピアノという楽器は人気が高まりつつある途上だった

68. 彼の三大ピアノソナタといわれるのが『第8番(悲愴)』『第14番(月光)』『第23番(熱情)』である

69. それに加えて中期に制作されたピアノ曲『エリーゼのために』はいまも多くの人々に愛されている

70. この曲は貴族の娘テレーゼへの恋心を表現したもので原稿には〈テレーゼのために〉と記されていたという

71. しかしそのベートーヴェンのサインが悪筆だったため〈エリーゼ〉と誤読され現在もそのまま伝わっている

72. 作曲家としてのベートーヴェンの要求を満たすためには、その楽曲を演奏する人数の増加も必要だった

73. オーケストラは大人数となりそこから生み出される強音や繊細な弱音は当時の人々の心をさらに刺激した

74. しかし作曲家ベートーヴェンは体調不良や甥の後見人としての責任から1818年に再びスランプに陥る

75. その二度目のスランプを救ったのは複数の独立した声部からなるポリフォニーと対位法の研究であった

76. ベートーヴェンはこの手法によって後期の名曲『ミサ・ソレムニス』『交響曲第9番』等を生むのである

77. ベートーヴェン最後の交響曲『第9番』は1824年にロンドンのフィルハーモニー協会の依頼で作曲された

78. 第4楽章に独唱と合唱を効果的に使用しているが、これはシラーの「歓喜に寄す」という詩に曲をつけたもの

79. 実はベートーヴェンがこの詩に惹かれたのは、まだ『交響曲第1番』も制作していない22歳の時のこと

80. 以来長きにわたり構想を温め続け、『交響曲第7番』を完成させた後の1815年頃から『第9番』に着手する

81. 1824年に『交響曲第9番』の初稿が完成。同年5月7日にウィーン・ケルントネル門劇場で初演された

82. 日本では『交響曲第9番』(第九)の演奏が年末の風物詩となっているが、これは日本特有のものである

83. 日本で初めて『第九』が演奏されたのは1918年6月、徳島県・板東俘虜収容所のドイツ捕虜によってである

84. その後1924年には九州帝国大学のオーケストラが昭和天皇のご成婚を祝う奉祝音楽会で第4楽章を演奏

85. 同年11月には東京音楽学校の学生たちが、1927年にはプロの新交響楽団(現NHK交響楽団)が公式初演した

86. 日本の年末に『第九』が定着した理由は諸説あるが、新交響楽団は1938年から一年おきに『第九』を演奏

87. 1940年の大晦日には初めてNHKラジオで生放送され、太平洋戦争中は正月に振り替えて『第九』放送を続けた

88. 新交響楽団は1942年に日本交響楽団に改称されたが、46年からは原則として毎年末に『第九』を演奏している

89. 1953年末には初のテレビ中継も行われ、次第に他のオーケストラも追随。〈年末の第九〉演奏が恒例化していく

なぜCDの記録時間は「74分前後」なのか


CD(写真:ei03130313 / PIXTA)

90. ベートーヴェンの『交響曲第9番』はCD(コンパクトディスク)の誕生にも深くかかわっている

91. CDはオランダのフィリップス社とソニーで共同開発されたが開発途中の1980年当時記録時間論争があった

92. 「60分前後」というフィリップス社に対し、ソニーの副社長で声楽家出身の大賀典雄は「74分前後」を主張

93. 結果、ソニー案が採用されるが、その裏には指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンのアドバイスがあった

94. 大賀が親交のあったカラヤンに相談すると「ベートーヴェンの『第九』が一枚に収まる規格がいい」と返答

95. カラヤン指揮の『第九』は約63〜69分だが、歴史に残る指揮者たちの演奏時間もおよそ60分を越えていた

96. 1951年にライブ録音されたフルトヴェングラー指揮の〈バイロイトの『第九』〉は約74分32秒

97. カール・ベームやレナード・バーンスタイン指揮の『第九』もそれに匹敵するがCD一枚に収録が可能になった

98. 1964年に開催された東京オリンピックには当時分裂状態だった東・西ドイツが〈統一選手団〉として出場

99. 五輪マークが入った特別旗を使用したが、国歌斉唱時にはベートーヴェンの『交響曲第9番』が歌われた

100. ドイツの天文学者カール・ラインムートは1932年1月27日発見の小惑星に「ベートーヴェン」と命名している

(文:寺田 薫/モノ・マガジン2018年1-2.16号より転載)

参考文献・HP/「ベートーヴェン」(音楽之友社)「クラシック偉人伝」(自由国民社)「ベートーヴェン事典」(東京書籍)「ベートーヴェンのおもしろ雑学事典」(ヤマハミュージックメディア)、NHK交響楽団、日本オーケストラ連盟、ソニーほか関連HP