北京にある故宮博物院の専属カメラマンとは一体どのような体験をできるのだろうか。そんな疑問に答えるため、今回はカメラマンの張林さんを紹介する。

写真拡大

北京にある故宮博物院の専属カメラマンとは一体どのような体験をできるのだろうか。そんな疑問に答えるため、今回は85後(1985年代生まれ)のカメラマン・張林(ジャン・リン)さんを紹介する。新華社客戸端が伝えた。

【その他の写真】

張林さんは故宮資料情報部ニューメディアチームの一員で、主に故宮の微信(Wechat)と微博(ウェイボー)の公式アカウントの運営を担当している。彼にとって撮影は数多い業務のうちの1つに過ぎない。

張さんは完璧主義と言われている乙女座であるばかりか、故宮資料情報部というこの非常に几帳面なチームの一員として、毎日、私たちが実際目にしているよりも、さらに多くの仕事をこなしている。

微信や微博にかかわらず、公式アカウントから発信する全ての投稿は、編集担当から科長、主管と少なくとも3段階にわたってチェックを受け、専門性の高い内容については、故宮博物院の専門家がさらにもう一度チェックを行う必要があるという。

2014年に北京大学考古学科を卒業した張林さんは故宮博物院に就職。故宮側が張林さんを採用した時に、彼のカメラマンとしての素質を見抜いていたかどうかは不明だが、彼は確かに故宮博物院「専属」のカメラマンになった。張さんは故宮の様々な建物、四季折々の風景、そして生き生きとした草花を撮り続けてきた。

しかし、何と言っても故宮の風景の中で最も美しいとされるのはやはり雪景色。2015年の冬、張さんは故宮で彼自身最も満足できる作品を撮影することができた。

張さんは、「よく、どうしてそんなにうまく撮影できるのかと質問されるが、観光客として故宮を訪れた場合、1日でこれほど広い場所を回るには、どうしても時間に追われてしまい、細かいところまでじっくりと味わうというわけにはいかない。しかし、私たちのようにここで仕事をしていると、同じ場所を何度も行き来することになるので、様々な角度から観察するチャンスがあり、より多くの面白い視点を発見することができる」とした。(提供/人民網日本語版・編集/TK)