マツダの2ドアクーペ『RX-8』後継モデルとされる『RX-9』のテストミュールをカメラが初めて捉えました。開発が行われているか不透明でしたが、ついにそのプロジェクトが動き出したようです。

捉えたプロトタイプは「RX-8」のテストミュールですが、注目はかなり大型のインタークーラーを装備している点。現在のところ、ボディの拡大などは行われていない様子です。

パワートレインの本命はマツダの次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」。800cc×2ローターで450psを発揮すると見られています。さらにマツダは、2017年に2個のターボチャージャーに電動スーパーチャージャーを加えた3つの加給システムを持つ「トリプルチャージャー」の特許申請をしており、その動向も見逃せません。

そのほか、ドアが5〜15度上方に向けて開く「スワンウィングドア」、スポーツカー用格納式リアスポイラーなどの特許も申請しており、これらのいずれかが新型スポーツ「RX-9」に採用されるかも知れません。

エクステリアは2015年の東京モーターショーで公開された『RX-VISION』のデザインを継承する、グラマラスでアグレッシブなデザインが予想されます。

現在の開発状況から見て、ワールドプレミアは早くても2019年と思われます。

(APOLLO)

次世代のロータリーエンジンを搭載!? マツダ「RX9」の開発車両をキャッチ!(http://clicccar.com/2017/12/19/541068/)