SHINeeメンバー4人が喪主に…ジョンヒョンの最後を見送る

写真拡大

SHINeeのメンバーがジョンヒョンの喪主になった。

SHINeeのオンユ、キー、ミンホ、テミンは、昨日(18日)死去したグループのメンバージョンヒョンの喪主になった。彼らは葬儀室で故人を最後まで見送る予定だ。

故人には男の兄弟が居ないため、10年間苦楽を共にしてきたSHINeeのメンバーが喪主になったという。ソウル峨山(アサン)病院の葬儀室に公開された画面にも、メンバーの名前が喪主として記載されている。

故人の葬儀室は、ソウル峨山病院地上2階20号室に設けられた。SMエンターテインメントの職員と所属アーティスト、また故人と生前の親友たちが多く訪問するものとみられる。ファンと一般人も、ソウル峨山病院に設けられたファン弔問所で追悼することができる。

SHINeeのジョンヒョンは昨日(18日)、ソウルにあるレジデンスで自ら命を絶った。警察は故人が自殺の状況が明確なことから、遺族の調査が終わり次第、捜査を終了する予定だ。

「遺書託された」SHINee ジョンヒョンの遺書を友人が公開(全文)

SMが公式発表「SHINee ジョンヒョンの死に深い哀悼…あまりにも大きな衝撃と悲しみ」

SHINee ジョンヒョン、遺体で発見される…警察がコメント