『ドクターX』今シリーズ最高!総合視聴率30.5%を獲得

写真拡大

米倉涼子主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)の第5シリーズが、12月14日で最終回を迎え、平均視聴率が25.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を獲得し話題を集めたが、この度、12月7日放送の第9話が、今シリーズ最高の総合視聴率30.5%を獲得したことも発表された。(視聴率21.2%、タイムシフト視聴率11.4%)

この第9話は、プリマを夢見るバレエ少女・九重遥(井本彩花)が、選考会を目前に足を痛め、何が何でも遥の夢を叶えてあげたい未知子(米倉)は、無謀ともいえる術式を提案。やがて“想像を絶するような窮地”に立たされることになり……という展開だった。

今回発表された総合視聴率30.5%は、2016年12月22日に放送された同ドラマ(21:00〜22:09)の第4シリーズ・最終回の総合視聴率32.0%に次いで、自己2位となる。