福井県越前市で田中蓮君(3)が行方不明になり、きょう(2017年12月19日)で10日目だ。手掛かりがない。

蓮君は12月9日午後2時ごろ、父親がJR武生駅から車で5分の会社駐車場に車を止めて戻るまでの10分間にいなくなった。エンジンをかけたままで、半ドアになっていた。身長約100センチでやせ型、自分の名前もまだ言えない。緑のフード付きジャンパー、カーキ色のズボンだった。

警察は毎日100人態勢で捜索するが、目撃情報はなく、近くの川からも痕跡は発見されていない。周辺の防犯カメラ20台にも姿は映っていなかった。「冬は人通りが少ない」と近所の女性が話す。

兵庫県警元刑事「事件の可能性が高くなった」

元兵庫県警刑事の飛松五男氏は「街中での事故なら通常、1週間以内に発見される。事件の可能性が高くなった」という。

母親はきのう(2017年12月18日)「まだ何もわからないと言われています。不安で、不安で、生きていると信じるしかない。早く帰ってほしい」と話した。祖父は「何かの力が働いているとしか考えられない。ビラ配りやお願いに回っています」と語った。

司会の国分太一「雪も降ってきました」

キャスターの真矢ミキ「3歳でシートベルトを抜けられたんですかね」

警察が情報提供を呼びかけている。