来年9月16日をもって引退する安室奈美恵のラストドームツアーの追加公演が発表された。2018年2月27日(火)福岡ヤフオク!ドーム、4月15日(日)札幌ドームの2公演が追加され、国内ドームツアーは既に発表されている15公演と合わせて17公演、約75万人を動員することとなり、小田和正の動員数記録74万人を抜いて、ソロアーティスト史上ツアー最多動員数の記録を更新することになる。

また、アジアツアー5公演では約5万人を動員することも発表されており、国内ドームツアーとアジアツアーを合わせると、なんと約80万人を動員することとなる。

既に発表した国内ドームツアー15公演は既にチケットの応募受付が開始されており、現在受付中であるにも関わらず、320万件以上の応募が殺到。その結果、ドーム各公演の動員数を調整し、更に、会場側と調整のついた福岡ヤフオク!ドームと札幌ドームの2公演を追加するに至ったという。今もなお、チケット争奪戦が繰り広げられているなか発表された追加公演は、まだチケットを手に入れていないファンにとって嬉しい知らせとなる。

今後の追加公演は予定していないとのことだが、中国・上海、広州、韓国、シンガポール、台湾・高雄などの各国からもオファーがきている状態とのことで、アジアでも安室奈美恵のラストツアーに注目が集まっているようだ。

安室奈美恵は、11月8日に発売したオールタイム・ベストアルバム『Finally』が初週でミリオンセールスを記録。以降、順調に売り上げを伸ばし、発売から一ヶ月経たないにも関わらず、ECサイトやレコード店の年間チャートで軒並み1位を獲得している(現在は180万枚を突破)。その勢いは止まらず、今もなお様々な音楽チャートにランクインしており、今や「安室奈美恵」という名前を聞かない日がないほどだ。

25年間トップを走り続けてきた歌姫のラストツアーを、ぜひ体感してみて欲しい。

「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜」
2018年
2月17日(土) 18日(日) 愛知・ナゴヤドーム
2月24日(土) 25日(日)27日(火)福岡・福岡ヤフオク!ドーム
4月14日(土) 15日(日) 北海道・札幌ドーム
4月21日(土) 22日(日) 25日(水) 26日(木) 大阪・京セラドーム
5月2日(水) 3日(木・祝) 5日(土・祝) 6日(日) 東京・東京ドーム
6月2日(土) 3日(日) 東京・東京ドーム

「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜 in Asia」
2018年
3月17日(土) 18日(日) 中国・深圳深圳湾体育中心(Shenzhen Bay Sports Center)※開催予定
3月31日(土) 香港・香港コロシアム(Hong Kong Coliseum)
5月19日(土) 20日(日) 台湾・台北台北アリーナ(TAIPEI ARENA)