VAIO、東映、クラフターが共同でVR映画事業を開始 世界初の本格的VR映画興行に

写真拡大

 VAIO株式会社、東映株式会社、株式会社クラフターの3社が、VR(バーチャル・リアリティ)を映画館で鑑賞できる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を開始することで合意した。

参考:VR版『マリオカート』は絶対プレイすべき! 「VR ZONE SHINJUKU」体験レポ

 ハードウェア技術、劇場興行、コンテンツ制作に精通した3社が、映画館で気軽にVR映画を楽しめる環境を提供する。VAIOがハードウェアの調達・最適化およびソフトウェアとネットワークを含むシステムを開発し、ワイヤレスで多人数が快適に同時視聴できるVR環境を構築。東映は、快適な空間と音響を有するシネコンにコンテンツを配給することで、VRの常識を覆すハイグレードな体験を提供し、クラフターは、定評のある3DCGアニメーション制作力で魅力的なコンテンツ(期初コンテンツには、人気IPアニメや人気アーティスト映像等を想定)を制作するという。

 映画館施設を用いた多人数同時鑑賞が可能な本格的VR映画の興行は世界初(2017年12月現在、VAIO株式会社調べ)の試みとなる。また、本事業は3社に閉じることなく、コンテンツ制作者や公開劇場を広く募り、2018年3月(予定)より試験営業を開始し、成果を見ながら恒常的な興行を目指す予定だ。試験営業で上映するコンテンツなどの具体的な内容は、2018年2月に発表される。(リアルサウンド編集部)