画像提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天とビックカメラは12月19日、家電分野を中心した利便性の高いショッピング体験を提供するため、新会社を設立すると発表した。2018年4月より、新サービス「楽天ビック」を開始する。

新会社は「ビックカメラ楽天市場点」の基盤を引き継ぎながら「楽天ビック」として楽天市場に出店。ビックカメラの商品の取り扱いだけでなく、独自商品の開発や販売も検討している。

楽天ビックは、楽天の持つサイト構築のノウハウと、ビックカメラのサービス力を掛け合わせ、「インターネット通販でありながらスムーズに設置工事を依頼できるサイト」を目指すという。配送については、ビックカメラの物流拠点を活用した当日配送などのサービス拡充を視野に入れている。

オフラインとオンラインの連動も推進。楽天ビックのサイト上で、ビックカメラの実店舗にある商品在庫を確認したり、楽天ビックで購入した商品をビックカメラの実店舗で受け取ったりできるよう、サービスの提供を目指す。さらに、ビックカメラの実店舗で「楽天スーパーポイント」を利用できるよう取り組んでいくという。