小田和正、映画『坂道のアポロン』に主題歌「坂道を上って」書き下ろし

写真拡大

小田和正の新曲「坂道を上って」が、映画『坂道のアポロン』(2018年3月10日(土)全国公開)の主題歌に決定した。本日12月19日(火)に公開された予告編映像では、楽曲の一部を聴くことができる。

◆映画『坂道のアポロン』、小田和正 画像

小玉ユキの同名コミックを原作とする『坂道のアポロン』は、長崎・佐世保の高校を舞台に、ジャズを通じて心を通わせていく主人公たちの青春模様を描いた物語だ。実写映画化に際しては三木孝浩監督がメガホンを取り、主人公・西見薫役に映画単独初主演となる知念侑李、薫の親友・川渕千太郎役に中川大志、千太郎の幼馴染・迎律子役に小松菜奈らキャスト陣が集結した。

主題歌の「坂道を上って」は、小田和正が本作のために書き下ろした新曲となる。C&Iエンタテインメントの八尾香澄プロデューサーは起用の理由について、「小田和正さんの紡ぐ、優しさや温かさ、心に深く刺さるストレートなメッセージがこの映画に必要だと感じ、オファーしました」としながら、「企画段階で、原作者の小玉ユキさんから連載中に聴いていたのが小田さんやオフコースの曲であった、というお話も聞いており、オファーするのはまさに運命だと感じておりました」と振り返っている。また、小田和正は楽曲について次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

■小田和正 コメント
ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、やはり坂道を上って通っていました。中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました。参考までにと見せてもらった『坂道のアポロン』は素晴らしく、特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです。

   ◆   ◆   ◆

なお、映画オフィシャルサイトでは予告編とともに、セッションを楽しむ主人公たちの姿を切り取った本ポスターも公開されている。

■映画『坂道のアポロン』
2018年3月10日(土)全国ロードショー
出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩
脚本:高橋泉 ※高橋の「高」は「はしごだか」
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
公式サイト: http://www.apollon-movie.com/
公式twitter: @apollonmovie
公式Facebook: https://www.facebook.com/apollonmovie

関連記事
◆知念侑李、『坂道のアポロン』で映画単独初主演「ジャズは絶賛練習中」

関連リンク
◆映画『坂道のアポロン』オフィシャルサイト
◆小田和正 オフィシャルサイト