2017年12月19日、中国31省市区2017年11月の消費者物価指数が出揃いました。

 発表によると、2017年11月、消費者物価指数(CPI)の上昇幅が最も大きかった地域は海南省で、2.9%の増加を示しています。
 ついで新疆ウイグル自治区が、2.8%増となっています。
 一方、11月CPIの上昇幅が最も小さかった地域は、安徽省・湖南省・貴州省で、それぞれ1.0%増にとどまっています。

(China Press 2017:IT)