アップルジャパン公式採用ページより

写真拡大

 転職・就職リサーチサイトを運営するヴォーカーズ(東京都渋谷区)は18日、昨年と比べて働きやすさがアップした「働き方改革成功企業」の1位が、アップルジャパンだったと発表した。在宅勤務でカスタマーサポートを行う「AHA社員」への評価が高かった。

 ヴォーカーズのクチコミにはAHA社員の投稿が増えており、「業務時間外にはネットワークへの接続が許されない」など、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の良さを挙げる声が多かった。マネジャーとしてのキャリアパスや評価も明確で、働きがいもあるという。

 ヴォーカーズは、今回ランキング入りした企業の中でも在宅勤務制度に関するクチコミが散見されたと指摘。

 また、政府が推進する「働き方改革」という言葉がクチコミに多く見られ、全社的な改革を推進した企業が増えているという。特に残業が常態化していた企業は、パソコンの強制シャットダウンなど“本気”の施策によるテコ入れがみられたとしている。

 同調査は回答時現職社員からのクチコミを有する4690社が対象。風通しの良さ、社員の相互尊重に加え、平均残業時間と有休消化率を5段階評価に換算した数値を合算して「働きやすさ度」を算出。昨年と今年のポイント差でランキングを作成した。