18日、米華字メディアの多維新聞は韓国メディアの報道を引用し、韓国の駐中国大使のあまりに中国におもねる表現が韓国で物議を醸していると伝えた。写真は韓国大統領府。

写真拡大

2017年12月18日、米華字メディアの多維新聞は韓国の駐中国大使のあまりに中国におもねる表現が韓国で物議を醸していると伝えた。

18日付の韓国紙・朝鮮日報によると、韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中国大使は5日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席に信任状を奉呈した際、芳名録に「万折必東」と記していたことが分かった。これについて、「中国にあまりにおもねる表現だ」とする見方が出ているという。

盧大使は「万折必東、共創未来」と漢字で記した後、韓国語で「これまでの困難はさておき、韓中関係の明るい未来を共に切り開いていくことを期待する」と書いた。「万折必東」とは、中国・戦国時代の哲学家、荀子の「宥坐篇」に登場する言葉で、「(黄河の)水が1万回曲がっても、必ず東に流れる」という意味だ。転じて「物事が曲折を経ても、道理に沿って成し遂げられる」という意味になる。

しかし、西江大哲学科のチェ・ジンソク教授は16日、「万折必東」は「諸侯の天子に対する忠誠」へと意味が拡大された言葉だと主張。朝鮮時代に宣祖(ソンジョ)が壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の後、明に援軍派遣を感謝する手紙を送り、「万折必東、再造藩邦」すなわち「黄河が結局東に流れるように、明が諸侯の国(朝鮮)を再建してくれた」と書いて以降、明に対する変わらぬ忠誠を意味する言葉として使われてきたと指摘している。(翻訳・編集/柳川)