女性の生き方は確実に変わっている(写真:kikuo / PIXTA)

「ずっと自分の子どもが欲しくて、子どもがいる人生しか考えてこなかったけど、結局ダメでした。いまでも子どもが欲しかった気持ちは、胸の奥にささっています。事情を知らないとはいえ、『子どもは?』と聞かれるたびに胸が痛みました」

結婚生活18年目となる久保田初美さん(仮名・50歳)は、子どもを持つことへの苦悩の連続だったとため息をもらす。

「お子さんは?」

結婚している女性に対する何げない一言が、地雷を踏んでいることがある。子どもを産んだか、産んでいないか。そのことは女性にとってセンシティブな問題で、「ご出身は?」と同レベルでは聞かれたくない質問だと、理解されていないと感じる。

「子どもを産むのは当たり前」との認識はまだ根強い

多様性の時代といわれながらも、「結婚したら子どもを産むのは当たり前」との認識は、まだ根強い。子どもを産まなかった女性たちは、現代社会のなかで生きづらさを感じているが、そのことに気づいている男性はどれくらいいるだろう。

「子どもがいない女性たちは、自由に好きなことをして楽しそうにしている」

子どもを持ち、家族としての責任を背負っている人から見れば、そう映ることもあるかもしれない。子どものいない女性たちは、普段は本音を隠して過ごしているため表面上はわかりづらいが、子どもを持てなかったことに傷ついている人は少なくない。

「頑張って続けていれば、いつか妊娠できると信じていました。不妊治療を続けることは家計にも大きな負担で、貯金も減っていきましたが、あきらめたくない。絶対子どもが欲しいと意地になっていました」

不妊治療に300万円以上を費やした会社員の香川由美子さん(仮名・49歳)は、肉体的、精神的、金銭的の三重苦を背負い、子どもを持てなかったことに対して、うまく気持ちを切り替えられなかったと嘆く。

日本で不妊症に悩むカップルは、増加の一途をたどっている。国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」によると、およそ5.5組に1組が不妊治療を受けた経験があるが、不妊治療を受けても子どもを出産できる割合はそう多くはない。

子どもを持てなかった人の苦悩は軽視されている

日本生殖看護学会の理事長として不妊看護の発展に尽力している、東京工科大学 看護学科 教授の野澤美江子氏はこう述べる。「不妊治療をして、妊娠・出産できる割合は全体の約2〜3割程度。治療して妊娠・出産できるケースより、出産まで至らない割合のほうが多いのが現状です。不妊治療の支援は妊娠することだけではなく、終わり方の支援、終わってからの支援も必要だと感じています」。

子どもを育てることは大変なことだと誰もが理解しているので、国や企業、地域など、多くの人が手を差し伸べるが、子どもを持てなかった人の苦悩は軽視され、救いの手が差し出されることはほとんどないのが現状だ。ただし、不妊治療で子どもを持てなかった女性だけが辛く、肩身の狭い思いをしているわけではない。子どもがいないことで不遇な思いをしているという声も目立つ。

「『子どもがいるほうが大変で、独身は気楽だ』と言われるとカチンとくる時があります。女性全員が結婚して子どもを産みたいと望んでいるわけではありません。職場で子育てしながら働く女性が周囲に気を使っていると手助けしたくなりますが、子どもを望んでいるのにできない女性は、ワーママのサポートは心中複雑な思いがあるのでは」と、子どもを持たないと決めている出口早苗さん(仮名・37歳)は感じている。

拙著『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』で集計した「子どものいない女性の意識調査」でも、子どもの有無での違いは垣間見られる。子どもがいないことで感じたことがあるものを聞いたところ、「職場などで子持ちばかりが優遇される」「子なしハラスメントやマウンティング」を選んだのは全体で4割以上。子育て支援や育休の恩恵を受けられない不遇感を感じながらも、いまは黙って受け入れている女性が大半だ。


「母になる女性」と「母にならない女性」との間には、見えないガラスの壁がある。同調査でも、「子どもがいる友人との距離感」「子どもがいる人と話が合わない」と、約7割が子どもの有無で溝を感じていることが浮き彫りになった。

未婚化・晩婚化・晩産化が進んだ影響で、近未来には女性の3人に1人が子どもを持たない時代になると推測されている(出典:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」2017年推計)。女性の生き方は確実に変わっており、女性という大きな枠組みで捉えると、そこにはズレが生じてくる。

男女が一緒に働くことが当然となっている現代社会。女性の本音を男性も知っておく必要がある。