16回目を迎えた「さんタク」でさんま&木村拓哉の2人が“やんちゃてんこ盛り”の企画に挑戦!

写真拡大

明石家さんま&木村拓哉による正月恒例の特番「さんタク」が、2018年1月1日(月)昼4時から放送されることが分かった。2003年にスタートして以来、通算16回目を迎える同番組で、さんまと木村が“有言即実行”をモットーにさまざまな企画にチャレンジする。

【写真を見る】1月スタートのドラマではボディーガードを演じる木村拓哉

今回は、さんまの「インスタ(Instagram)やりたい!」という一声から企画がスタート。フォロワー数730万人を誇る“インスタの女王”渡辺直美からアドバイスを受けながら、木村の撮影でさんまがインスタデビューを飾る。

撮影の舞台は、近代建築の歴史ある西洋館。おしゃれなアンティークに囲まれる中、渡辺がさんまに表情やしぐさなどを細かく指示し、木村がシャッターを切っていく。

渡辺は木村の撮影テクニックに「いい写真がめっちゃ撮れてますよ!」と感心する一方、どうしても笑いを欲しがるさんまには「だから、今日はカッコイイ感じですって!」と、声を荒らげる一幕も。果たしてどんな“さんま映え”写真になったのか?

役作りのため体を作りたいという木村は、トレーニングに挑戦。「美女に見られる中でトレーニングすると効率が上がるらしい」という話を聞き、“追い込みの女王”と呼ばれる美女トレーナー・AYAを迎える。

しかし、一切の妥協も“おふざけ”も許さないAYAは、さんまが「こんな美人でハグしたくない人、初めて!」と漏らすほどのドSぶりを発揮。過酷なトレーニングに、“日本一の負けず嫌い”であるはずの木村が音を上げるという、まさかの展開に。

また、木村の主演映画「マスカレード・ホテル」の撮影現場に、さんまがこっそり潜入を試みる企画も登場。木村と共演の長澤まさみに頼み込み、さんまのエキストラ出演が実現する。

ほか、木村と付き合いの長いさんまが、木村の“取り扱い説明書”を読み上げる場面も。予想外の“トリセツ”トークに、木村が思わず赤面する。(ザテレビジョン)