パンチェオン、武器の所持及び公序良俗違反により逮捕される

写真拡大

▽クリスタル・パレスのイングランド人MFジェイソン・パンチェオン(31)が、武器の所持及び暴行により、12月17日の早朝に逮捕・勾留されたことが明らかになった。イギリス『BBC』、『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じた。

▽パンチェオンは、イギリスのロンドン近郊サリー州にあるナイトバー付近のチャーチル・ロードで、騒乱を起こして逮捕された。現地警察は「キングズウッドのジェイソン・パンチェオン(31)は、暴力や脅威を煽る攻撃的武器所持や暴行により、公序良俗法第4節を違反した」と発表している。

▽また、パンチェオンは来年1月5日に裁判所に出停する予定となっており、18日時点で保釈されているとのこと。なお、クリスタル・パレスや本人からのコメントは、発信されていない。

▽パンチェオンは、プレミアリーグ第8節まではキャプテンを務めるなど全試合に出場していたが、第9節からは出場機会が激減。第18節終了時点で、その間の出場記録は第12節エバートン戦での5分間のみとなるまでに減少していた。