死亡したイランの元大統領 遺体から通常値の10倍の放射性物質を検出

ざっくり言うと

  • 1月に82歳で逝去したイランのラフサンジャニ元大統領
  • 地元紙は16日、娘の証言として、遺体から放射性物質が検出されたと報じた
  • 通常値の10倍だったというが、当局は娘に「死因ではない」と説明したそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング