MCTオイルがダイエットに効果的と言われるワケ

写真拡大 (全4枚)

年末になり、ドイツ国内の女性誌ではあちこちでダイエット特集が組まれ「MCTオイル」の文字を見かけます。一体どんなオイルなのか、スペシャリストの仙台勝山館ココイルにお話を伺いました。
MCTオイルがダイエットに効果的な理由
実は1960年代から医療用として使用されていたMCTオイル(=MCT:medium-chain triglycerides)。日本では中鎖脂肪酸オイルと呼ばれています。近年になって急に注目をあびるようになったのは、ダイエット本「シリコンバレー方式」の影響があったから。体重140キロあった著者がオイルを使って50キロ以上の減量に成功したことから、ハリウッドのセレブを中心に人気が拡大していったものと思われます。
ココナッツオイルには約58〜68%含まれる中鎖脂肪酸も、MCTオイルならば100%。それなのに無味無臭なので、使い勝手も非常に良い。ただし仙台勝山館ココイルによると、オイルの沸点が約160度と低めなので、揚げ物や炒め物には不向きなのだそう。けれどこの沸点を越えなければ問題がないので、スープなどの仕上げに入れてもよいのだとか。効果的で簡単な摂取方法はコーヒーやスムージ―に入れたり、またドレッシングに使用するとおいしいそうです。
体脂肪の蓄積を抑制、すばやくエネルギーに代えてくれる
MCTオイルは特に、スポーツ選手にも人気のあるオイルです。その理由は少量でもエネルギー保持できるから。一般的な油分よりも分子の長さが短く消化吸収が早いMCTオイルは肝臓にて素早く分解されてエネルギー源となるため(分解スピードは通常の油分の4倍の速さ)、体内での吸収・代謝が早いのはもちろん、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積しにくい特徴があります。またもう一つの人気の秘密は「脳のエネルギー源となるから」。脳のエネルギー源であるブドウ糖に代わるケトン体の生成を促進するといわれていることから、アルツハイマーや認知症への有効性が研究され続けています。

MCTマヨネーズは新鮮タマゴやEXVオリーブオイルを使い化学薬品不使用で一味も二味も違う

一番人気は、やっぱりココナッツ由来のMCT100%オイル。クセがないからいろんなものに使いたい

調味料シリーズは便利でおいしく、毎日飽きずに食べられる。家族みんなが好きな味がそろう

これからのシーズン、外食する機会も増えていきます。家庭ではいつものオイルにMCTオイルをプラスして、アクティブに動けるからだづくりを心がけるのもいいですね。
[仙台勝山館]
画像提供:仙台勝山館ココイル