真部脩一(ex.相対性理論)率いる集団行動「全8曲からなる、遠い未来のアーカイブ集」新AL発売

写真拡大

 相対性理論のコンポーザーでもあった真部脩一が久しぶりに主体となって立ち上げたバンド集団行動。2018年2月7日に2ndアルバム『充分未来』をリリースし、3月16日よりツアー【集団行動の単独公演「充分未来ツアー」】を開催する。

 2017年6月にアルバム『集団行動』でデビューし、存分に最新の“真部サウンド”を聴かせた集団行動。オフィシャルサイトに掲載されている今作についての言葉には、「21世紀、充分未来です」「全8曲からなる、遠い未来のアーカイブ集」「さあ、未来を振り返ってみましょう」という、意味深なワードが並び、何とも真部らしい世界観が見え隠れしている。

 また、今作にはヴォーカルの齋藤里菜と真部のデュエットソングも収録されるとのことで、新たな一面も垣間見える作品になりそうだ。なお、アルバムタイトル曲「充分未来」は、既に数回ライブでも披露されていたが、本日から全国のラジオでも順次聞くことができる。

 リリースツアーは、東京、大阪にてワンマンライブとして開催。チケットのオフィシャル先行受付は12月24日まで実施される。


◎リリース情報
アルバム『充分未来』
2018/02/07 RELEASE
<CD>VICL-64912 / 2,000円(tax out.)
1. 会って話そう
2. 充分未来
3. 春
4. フロンティア
5. 絶対零度
6. 鳴り止まない
7. モンド
8. オシャカ
※CD購入特典も決定!詳細はオフィシャルサイトをチェック!
※発売日より主要配信サイトおよび定額制聴き放題サービスにて楽曲配信スタート

◎ツアー情報
【集団行動の単独公演「充分未来ツアー」】
2018年3月16日(金)大阪Music Club JANUS
OPEN 18:45 / START 19:30
2018年3月22日(木)渋谷WWW X
OPEN 18:45 / START 19:30
<チケット>
料金:3,500円(D代別)
▼Official Web Site先行第一弾
2017年12月18日(月)12:00〜2017年12月24日(日)23:00