【ビデオ】『ニード・フォー・スピード・ペイバック』、新たな車種やイベントを追加したアップデートが登場!
12月19日から、人気カーアクション・ゲーム最新作『ニード・フォー・スピード・ペイバック』にいくつかの新たなコンテンツが提供され、新しい車種、特定のブランド向けの新たなパーツ、新しいゲームモードなどが追加される。Autoblog読者の皆さんなら、収録車種がゲームの重大要素の1つであるという我々の考えに賛同してくれるはずだ。今回のアップデートで追加されるのは、マツダ「RX-7 Spirit R」、プリムス「バラクーダ」、日産「スカイライン 2000GT-R」、BMW「M3 Evolution II E30」、ボルボ「242DL」と「アマゾン P130」だ。マップから廃車のシャシーやパーツを探し出す時と同じように、「放置車両」としてフィールド上に現れたこれらのクルマを、警察から逃れ入手したら、ディーラーから購入出来るようになる。最初に登場するのはRX-7で、その他の車両は今後数週間の間に登場するという。

また、別の追加コンテンツはBMW車向けで、ゲームに収録されているBMWの全車種がBMW「M Performance」の公式アクセサリーでカスタマイズが可能になる。車種によってパーツの数は異なるものの、バンパーやグリルなど大量のパーツから選択することができる。放置車両とBMW M Performanceのアクセサリーはどちらも、バージョンを問わず無料でアップデートすることが可能だ。

さらに、シングルプレイ用の全く新しいイベント・シリーズも追加される。この「Speedcross」と呼ばれる新シリーズは、予告映像を見ると、ケン・ブロックによるビデオ『ジムカーナ』シリーズを思わせる内容だ。このシリーズの目標は、ドリフトゾーン、ジャンプ、スピードトラップ等の所定のコースを大胆に素早く走り抜け、できるだけ多くのポイントを稼ぐことだ。そして、『アンダーグラウンド』、『モスト・ウォンテッド』、『カーボン』など、『ニード・フォー・スピード』の過去作品の数々のドライバーと対決する。また、このSpeedcrossでも、MINI「ジョン・クーパー・ワークス・カントリーマン」とインフィニティ「Q60」という新たな2車種のクルマが収録される。前述の2つのアップデートと異なり、Speedcrossについては、Standard Editionの場合は有料で、Deluxe Editionでは無料で提供される。これらのアップデートは全て、12月19日に配信が開始される。

By JOEL STOCKSDALE

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画