2017年も放送決定!「クイズサバイバー」/(C)テレビ朝日

写真拡大

12月31日(日)夜6時よりテレビ朝日系で「くりぃむVS林修!年越し超クイズサバイバー2017 伝説クイズ王と年越しバトル 厳選200問SP」が放送されることが明らかとなった。

【写真をみる】くりぃむと林修の「ことしの一字」を発表した/(C)テレビ朝日

くりぃむしちゅーと林修がそれぞれチームリーダーとなり、早押し合戦を繰り広げる同番組。2014年の大みそかに第1回がオンエアされて以降、ことしの夏まで計7回の対決が放送されてきた。大みそかの対決は今回で4度目となる。

ことしの夏からは出題形式とチーム編成を大幅に刷新。林チームは「知識人チーム」から「クイズ王チーム」へ、くりぃむチームは旧知識人チームの“解雇”メンバーを加えた新「芸能人チーム」へと変貌を遂げた。

「芸能人チーム」には宮崎美子、やくみつる、高橋英樹といった知識自慢のベテランから、カズレーザー、八田亜矢子、天明麻衣子、本村健太郎らクイズ番組常連の実力者、佐野ひなこや岩永徹也、阿部亮平(ジャニーズJr.)といったニューフェイスまでバラエティー豊かなメンバーが勢ぞろい。「クイズ王チーム」にも初出演の王者&女王が多数参戦し、これまでにないレベルの高い戦いを繰り広げる。

今回の早押しクイズは全200問。新コーナー「忖度(そんたく)クイズ」では、ことしの流行語大賞に選ばれた「忖度=他人の気持ちを推し量ること」をヒントに、早押しではなかなか活躍しにくい大御所やフィーチャーしたい人気者など芸能人チームのメンバーを特定し、その人が得意なクイズを出題する。

また、今回はくりぃむしちゅーと林先生が交互にヒントを出し合うクイズを取り入れるなど、両キャプテンが勝敗のカギを握るステージが多数登場する。昨年は林チームが勝利を収めている「クイズサバイバー」。ことしの軍配はどちらに上がるのだろうか。

約12時間に及ぶ収録の後に、両チームリーダーの3人が、年の瀬恒例の「ことしの一字」を発表した。

上田は「演」と書き、「今年は有田さんがドラマで主演をおやりになって、それ以降、楽屋で他の役者さんの芝居について語ったり、演出の意図が分からないとか言ってみたり、急に役者面するようになったんですよ。それが妙にムカつく今年の下半期でした(笑)」と明かした。

有田は「耐」。「今日の長い収録もそうですが、やはりドラマでハードスケジュールだったのですが、バラエティー番組出演も耐え切りました(笑)。そして何より、今ブームの不倫をしたかったんですけど、新婚1年目ということでなんとか、なんとか耐えました(笑)。本当に僕は我慢しているんです。それを評価してほしいんですよ! 不倫した人をたたくだけじゃなく、我慢した人を評価してください!(笑)」と語った。

林は「安」。「対外的にもいろいろ起きていますし、今年ほど自分の身の安全をありがたく思ったことはありません。そんな中、安室奈美恵さん、相撲界では元・安馬が引退。僕自身のマネジャーも安原と言いまして、彼が作り上げるトーテムポールのようなスケジュールと戦い続ける日々でした」と語ると、上田から「最後に、うまい!と言われようとしているんですか?(笑)」とツッコまれていた。(ザテレビジョン)