宮城県の三陸海岸の養殖ホタテが大量死 危機的状況に養殖業者が嘆き

ざっくり言うと

  • 宮城県の三陸海岸の養殖ホタテが原因不明のまま大量死している
  • 約7340トンあった2016年度の水揚げに対し、17年度は10月までで約4000トン
  • 例年の半分強程度となる危機的状況に、養殖業者からは悲鳴も聞こえている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング