2018年に求人が増える5つの職業 年収大幅アップを期待できるものも

写真拡大

 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、2017年下半期の求人件数動向と同社コンサルタントへの調査の結果から、2018年の国内転職市場で求人が増えると思われる5つの職業を発表した。

バイリンガル人材
 東京オリンピックもいよいよ2年後に迫り、旅行、観光、飲食など様々な業界で準備が本格化しており、2018年は、バイリンガル人材の求人が大幅に増えると分析している。

グロースハッカー
 グロースハッカーとはシリコンバレーで生まれた新しい職業で、エンジニアとマーケッターのスキルを兼ね備えた人材を指す。企業の成長(=グロース)に焦点をあて、膨大なデータを解析し、企業活動の改善に貢献する戦略を導き出す。アメリカでは年々求人が増加しており今後日本でも益々需要が高まる職種として注目されている。

ファイナンステクノロジーに強いデジタルマーケター
 2018年のマーケティング関連の求人の約6割がデジタルマーケティング求人になると予想している。中でも最も求人が増えるのは、フィンテック(ファイナンステクノロジー)に強い人材で、転職した場合、年収の大幅アップが期待できると予測している。

AI(人工知能)・ロボット工学技術者
 AI・ロボット工学の分野では、多国籍企業が欧米の本社と歩調を合わせて開発を進めるために、国内の優れた人材を採用しようとしており、エンジニアや研究者の需要が極めて高まると予想されている。

自動運転の技術者
 自動車業界では自動運転など最新技術の開発競争が激化している中、業界における人材の争奪戦が更に激しくなると予想されている。

 技術の進化やAIの普及で需要が減る職業もある一方で多くの新しい職業が生まれている。こうした中、日本では、技術の進化のスピードに人材のスキルが追い付いていない状況で、ヘイズが世界33ヶ国で実施した労働の需給効率調査「グローバルスキルインデックス」でも、日本の「人材ミスマッチ」(企業が求めるスキルと人材が持つスキルのかい離)は世界最悪のレベルとなっている。