田中圭とトレエン・斎藤が「民衆の敵」第9話で副音声を担当/(C)フジテレビ

写真拡大

12月18日(月)放送の篠原涼子主演ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(毎週月曜夜9:00-9:54フジテレビ系)第9話で、同ドラマに出演している田中圭とトレンディエンジェル・斎藤司が「副音声企画」を行う。

【写真を見る】篠原涼子演じる市長・智子がどんどん追い詰められていく…!/(C)フジテレビ

ドラマの放送と並行して、園田龍太郎役のトレエン・斎藤が、他の出演者と副音声で撮影エピソードなどを語る同企画。第4話では前田敦子(小出未亜役)、第7話では千葉雄大(岡本遼役)、第8話ではスピンオフドラマ「片想いの敵」に出演した相方のたかしを迎え、奔放なトークを繰り広げた。

第9話の副音声企画では、主人公・佐藤智子(篠原)の良き理解者である夫・公平を演じる田中が登場。副音声の収録を終えた田中は「こんなにまでドラマと関係ないことを話すんだ!?」と、斎藤の自由さに驚いた様子を見せた。

以下、副音声収録後の田中と斎藤のコメントを紹介する。

■ トレンディエンジェル コメント

斎藤:副音声どうでしたか?

田中:めっちゃ楽しかったです。副音声のお話を頂いて、「副音声?」って正直思いました。斎藤さんが何回かやっていたのは知っていたんですけど、「何を話せばいいんだろう」って。

「斎藤さんがいるから大丈夫」っていう甘い考えで臨んだのですが、それにしても楽しかったです。「こんなにまでドラマと関係ないことを話すんだ!?」っていう。

斎藤:そうなのよ! ほとんどラジオよ、ラジオ!

田中:本当にあっという間でした。

斎藤:だからね、副音声中にも言ったけど、前回のたかしより圭くんのほうが100倍やりやすかったです。これリアル。

田中:それは良かったです(笑)。

斎藤:圭ちゃんはオレとやっぱり合う気がするんだよね。圭ちゃんは誰とでも合うか?

田中:そんなことないっすよ! じゃあ今度何かしましょうよ。

斎藤:何かって何だよ(笑)。ということで、第9話もぜひ見てくださいね!

田中:お願いしまーす!(ザテレビジョン)