@AUTOCAR

写真拡大 (全7枚)

もくじ

ー 希少な「901」 もっとも若いナンバー
ー 「No. 57」発見の背景 支払った額は?
ー 交換より修理優先 可能なかぎりオリジナル

希少な「901」 もっとも若いナンバー

ポルシェが運営する「ポルシェ・ミュージアム」は、3年をかけてレストアした最古の911をコレクションに追加し、2017年12月14日から2018年4月8日までの間、「911(901 No. 57) レジェンドのテイクオフ」と題した特別展示で披露する。

この赤いクーペは、1964年に初の量産スポーツモデルとして生産された1台であり、当時は901の名で知られていた。誕生からちょうど50年が経過したタイミングでポルシェ・ミュージアムは偶然にもこのレアなモデルに出会うと、元の状態にレストアすることを視野に入れてその購入を決断した。

ポルシェは当初、356の後継モデルを901というモデル名で開発し、一般に披露。ところが1964年の秋、生産開始からわずか数週間で、このクーペは商標権の問題によって名称変更を余儀なくされ、911というモデル名を名乗ることになった。

そのため、その時点までに生産された車両は全て901とされたものの、販売時には911の名称が用いられた。ポルシェのファクトリーコレクションには、このレアなモデルが50年間にわたって欠如していたのだ。

「No. 57」発見の背景 支払った額は?

2014年、アンティークやコレクターズアイテムなどに関する番組を制作していたドイツのTVクルーが長年車庫に眠っていた物品を評価していた際、1960年代に生産された2台の911に出会った。

そこでポルシェ・ミュージアムに何度か問い合わせてみると、その2台のスポーツカーのうち車台番号が300.057の1台は、モデル名が変更になる前の貴重な車両であることが判明した。

ポルシェ・ミュージアムは、社外の専門家が査定した価格(この赤い個体が10万7000ユーロ、もう1台のドナー用が1万4500ユーロ、「クリストフォーラス誌」2015年3号より)でこの2台の911を購入することにした。

ポルシェが生産した重要なクラシックカーコレクションにはいくつか足りない部分があったが、ポルシェ・ミュージアムはこの2台を購入することによって重要なピースが埋まったのだ。

交換より修理優先 可能なかぎりオリジナル

この車両を購入した決定的要因のひとつは、それまでに1度もレストアを受けた履歴がなかったため、ミュージアムの専門家がオリジナルコンディションに復元する良い素材であると考えたから。

このひどく錆びついたスポーツカーを元の状態に戻すまでには、異なる車両から取った純正のボディパーツを使用するなどしたため、合計で3年もの年月を費やした。

エンジンおよびトランスミッションのほか、電装品やインテリアは、どれも同じ原則に基づいて修理が施されている。パーツ交換を最小限にとどめ、できるだけ元のものを利用するというのがその原則。

「ポルシェ・ミュージアムが歴史的に重要なスポーツカーを蘇らせるためにこれほど長い時間を要したのは、あえて復元作業に手間のかかる方法を採用したためです」とポルシェは説明する。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『レストア前後の901』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。