ハリルホジッチ監督、「解任論」に反応!会見で何を語った

写真拡大

さきほど行われた、日本代表の年間スケジュール2018発表記者会見。

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、自身に向けられた批判について以下のようにコメントした。

ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表監督)

「この前の土曜日の試合(EAFF E-1選手権の韓国戦)の後、私はあまり眠れませんでした。

試合の後、自宅に帰りリビングに入りましたけれど、そこで試合のことをずっと考えて眠ることができませんでした。

私が指導者になってから、4失点してこれだけ点数を付けられてホームで負けたことは今までありませんでした。

この大会を戦ったチームがA代表でなかったとしても、そのA代表の候補がいるチームでできるだけしっかり準備して挑もうとしました」
ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表監督)

「しかし本日協会に聞きますと、たくさんの批判の記事も出ていたということを聞きました。

以前、同僚として日本代表の各カテゴリーの指導者をしていた方の批判もあったということを耳にしました。

そのような批判があれば私は答えざるをえません。逆にそういった言葉を聞くと、より意欲的に続けたいなと思います。

私はアグレッシブに戦い、チームのために一生懸命頑張るチームをロシアへ連れていきたいと思っています。

我々より力が優れているチームはあります。

日本より良いチームがあるということを理解しないで発言している方も多いかと思いますが、私はこのような経験をたくさんしてきています。

そして会長をはじめ西野技術委員長、コーチングスタッフ、一丸となってこのワールドカップというイベントに向かってチームを準備していきたいと思います。

ワールドカップ終了後は、日本国民全員がこのチームに対して誇りを感じられるような戦いを見せたいと思います。

そしてワールドカップで、このチームはロシアでベストを尽くして力一杯戦うということを私は確信しています。

アリガトウゴザイマシタ」

EAFF E-1選手権の韓国戦で1-4と完敗し、試合後には「韓国が格上だった」と認めたハリルホジッチ監督。

18日(月)には一部の記事で解任も飛び出したが、そうした声を聞くと逆に「より意欲的に続けたい」と感じたようだ。