『三丁目の夕日』『永遠の0』の山崎貴監督に影響を与えた作品とは

写真拡大

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズや『永遠の0』といった大ヒット作を手掛けた映画監督・山崎貴が、12月18日放送の『オー!!マイ神様!!』(TBS系列、毎週月曜24:58〜)に出演する。

田中裕二(爆笑問題)がMCを、カズレーザー(メイプル超合金)が進行アシスタントを務める同番組は、第一線で活躍する芸能人が「マイ神プレゼンター」となり、“マイ神”との出会いや虜になったきっかけ、また武勇伝や名言、マニアックな情報などを、様々な角度から熱く語る“神様プレゼンバラエティ”。

山崎が“マイ神”として崇めるのは、アメリカ映画不朽の名作『素晴らしき哉、人生!』。アメリカではクリスマス映画の定番とされ、スティーヴン・スピルバーグや黒澤明などの名監督に多大なる影響を与えた作品だ。数ある名作の中から、なぜ山崎はこの作品をマイ神に選んだのか。そこには、山崎が「感動し過ぎて二度と観たくない」と感じたほどの衝撃と、心が洗われるストーリーの大逆転劇にあった。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』原作のヒントにもなったというそのストーリーの妙を、山崎が独自の視点で解説する。

実はこの作品、公開当時は共感を得ることができず、全くヒットしなかったという。しかし、アメリカのあるクリスマス文化が大ヒットのきっかけとなった。果たしてその理由とは?

さらに、山崎は『素晴らしき哉、人生!』と現在公開中の監督作『DESTINY 鎌倉ものがたり』との意外な共通点についても語る。