『明日の約束』で話題の遠藤健慎、井上真央からつけられたあだ名は…

写真拡大

井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)が、12月19日にいよいよ最終回を迎える。この度、重要な役を演じた遠藤健慎から、コメントが到着した。

本作は、井上演じる主人公・日向が人間関係に葛藤しながら、男子生徒の自殺の謎を究明するヒューマン・ミステリー。高校生の自殺という衝撃的な出来事をきっかけに、クラスメイトをはじめとした生徒の間にも様々なトラブルが起き、それぞれが悩み、向き合ってきた。

繊細な表現が求められる役柄を担ったのは、番組プロデューサーが「とにかく役柄に合う方にお願いした」という役者の面々で、将来も有望な“金の卵”たち。母親からの過干渉・束縛に悩んで自殺した吉岡圭吾は、第1話で死亡したものの、さまざまな回想シーンに登場し、家庭だけではなく、クラスやバスケ部の人間関係でも苦悩していた様子があきらかとなった。

そんな難しい役である圭吾を演じたのは、本作が連続ドラマ初出演となった、弱冠17歳の遠藤だ。撮影を振り返って、「ここまであっという間で、自分の中でいちばん濃い3か月でした」とコメント。「将来学校を舞台にした作品に出演したら、今回のことを思い出すのだろうと思います。偉大な先輩方と間近で共演させていただき、井上さんからは“シンシン”というあだ名も頂きました(笑)。繊細な心理描写が求められる役を経験し、芝居において細かい違いを認識できるようになりました。そして台本を読む時の感覚まで変わりました。ここはこういう気持ちなんだろうななどと、人の内面を最優先に考えるようになりました」としみじみ語っている。

また、ドラマタイトルにちなんでこれからの“約束”を聞かれると「暗めの役にしても明るい役にしても、ちょっとした違いを見せられるような俳優になっていきたいです。俳優としてのオーラという意味では小栗旬さんに憧れていますし、山田孝之さんが演じ分けられる、細かな違いも勉強したいです。例えばですが、笑っていても怖そうにも見える堺雅人さんもすごいなと思います。将来どんな作品に出ても、一切、妥協せず、後悔しないようにできることは本番が始まるギリギリまでやる……そんな役者になりたいです」と決意を滲ませる。

遠藤について、プロデューサーは「圭吾の死が物語の発端となるため、どのようなタイプのキャストにするか監督とすごく悩みました。遠藤さんと初めてお会いした時、とても自然で好青年という印象を受けました。まさか自殺するとは想像できない、そんな意外性が狙いだったこともあり、あまり影のようなものを感じさせず、ナチュラルだった遠藤さんにお願いしました。“この世でいちばん謎が残る死”のキャッチコピーの通り、“なぜ?”と感じさせる雰囲気作りや芝居を存分にしていただけました」と手応えを語っている。