さば缶のタイ風そうめん。米からできた「カノムチン」という細麺をそうめんで代用した、お腹も心も満足できるレシピ

写真拡大 (全3枚)

ナンプラーの香りとレモンの酸味が食欲をそそる

時間のある休日の朝は、ボリューム満点の朝ごはんを食べたい! 今回はタイで親しまれている、さば缶のタイ風そうめんレシピを紹介。タイ料理のプロがコンビニ食材で簡単に作る方法を教えてくれた。

さば缶のタイ風そうめん

さば缶のタイ風そうめん。米からできた「カノムチン」という細麺をそうめんで代用した、お腹も心も満足できるレシピ

材 料(2人分)

さばの水煮缶=1個(200g)
そうめん=1束
プチトマト=4〜5個
A 鶏ガラスープの素=小さじ1/2、水=50ml、
  ナンプラー=大さじ1、レモン汁=大さじ1
薬味=お好みで(パクチー、青ねぎ、レモンなど)

作り方

 イ修Δ瓩鵑魯僖奪院璽犬良週通りにゆで、冷水でしめて水を切る。
◆イ気个凌綣儡未凌綉い鮴擇辰匿箸鬚曚阿掘■舛蛤ぜる。4つ切りにしたプチトマトを加えあえる。
.器に,鮴垢蝓↓△鮠茲擦襦9イ澆婆味を添えて完成。

今回、腕をふるっていただいたプロの方は……有竹智子氏

料理・菓子教室「アトリエクロワッサン」主宰 有竹智子氏

おうちタイ料理研究家。本場の味を研究しながらも、手に入りやすい食材を使い、家庭で再現できるタイ料理を考案している。料理・菓子教室「アトリエクロワッサン」主宰。

有竹智子氏のブログはこちら!
スーパー・コンビニ付近の賃貸物件はこちら!

文=吉本小雪
写真=北原千恵美
スタイリング=木村遥(スタジオダンク)

※「CHINTAI2017年11月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2017年11月24日発売号の特集は「賃貸DIY」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/