©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

どうやって女性を口説いてものにするのかを体系化したメソッド「恋愛工学」を提唱する藤沢数希氏の小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』(幻冬舎)。ネットを中心に話題となった本作が、ついに実写ドラマとなってこの冬登場する!

物語は、「恋愛工学」を完ぺきに操る師匠・永沢圭一(滝藤賢一)と、モテ男を目指し「恋愛工学」を実践していく若者・渡辺正樹(堀井新太)を軸に展開。

非モテ男・渡辺の最終目標は、ずばり女性たちとの「ベッドイン」!

永沢からの手ほどきを受け、“恋愛テクノロジー”を駆使して成長していく様子が描かれる。

 

◆モグラ女子もバーテンダーも「すごい!」と絶賛

©テレビ朝日

そんな渡辺のターゲットとなる女性のひとりが、内田理央演じる“S級モグラ女子”の宮田理紗だ。

今回“落とされる側”となる内田は、劇中に登場する恋愛テクノロジーについては、「まんまと好きになると思います!(笑)女の子はみんな嫌な気はしないんじゃないかな?」と太鼓判。

その効果の高さを絶賛するとともに、女性に対しては「こんな男性に気を付けたほうがいいよ!というのが分かると思います」とのアドバイスも。

自身も実際に“モグラ女子”である内田が「本当にすごいです!感動しました」と語るテクニックは、男女ともに必見だ。

©テレビ朝日

そして、内田理央演じる理紗をはじめ、数々の美女たちが渡辺のターゲットとなっていくなか、ひとりだけ客観的に渡辺の成長を見ている女性キャラクターがいる。それが、佐津川愛美演じる藤森直子だ。

彼女は永沢と渡辺が通うバーのバーテンダーで、いつもカウンター越しに2人を観察。そんな第三者的ポジションの役柄に佐津川は、「私も若い時は輪の中心で話したりはせず、みんなの恋愛話を俯瞰して聞いているタイプだったので、そこは似ているかもしれません」と話す。

一方で、次々と繰り広げられる恋愛テクノロジーに関しては、「警戒心を持たせないとか、時間を設定するとか、なるほどな!と思いました」と感心した様子。

佐津川演じる直子が、どのように物語へ絡んでくるのかという点にも注目したい。

そのほかにも筧美和子、真凛、おのののから豪華美女たちが次々に登場! 一体どんな恋愛テクノロジーが仕掛けられるのか? そして彼女たちの反応は? スペシャルドラマ『ぼくは愛を証明しようと思う。』は、12月28日(木)放送だ。