ゲノム解読によって、いったい何が分かったのだろうか(写真:ZARost / PIXTA)

「かつてホモ・サピエンスはネアンデルタール人と何度も交配していた」「狩猟生活から農耕生活への移行を加速させたのは、当時の人類が獲得した二つの突然変異だった」――。
こうした衝撃的な歴史を解き明かし、イギリスでベストセラーになった本が、12月14日に日本でも発売された。『ゲノムが語る人類全史』(文藝春秋)だ。
著名なサイエンス・ライターであり、進化遺伝学者としても知られる著者のアダム・ラザフォードは、近年急激な進化を遂げているDNA解読技術によって、私たちの祖先が辿ってきた知られざる旅路が次々と明らかになっていると語る。DNAには、戦争、侵略、移動、農耕、病、セックスなど、既存の歴史学ではわからなかった人類の本当の姿が刻まれていたのだ。
科学(理系)が歴史(文系)を塗り替える、その最前線をまとめた同書を、生物学・進化論翻訳の第一人者として知られる垂水雄二氏が紹介する。

著者のアダム・ラザフォードは、ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ出身の理学博士で、眼の発生にかかわる遺伝子の研究者として知られる。雑誌『ネイチャー』の編集部に約10年勤務したあと、科学ジャーナリストとして、雑誌『ガーディアン』に定期的に寄稿し、BBCラジオのチャンネル4で、いくつもの重要な科学番組をプロデュースするなど多方面で活躍している。

人類進化の実像をわかりやすく解説

本書は、2014年の『創造ーー生命の起源と生命の未来』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)につぐ、2作目の本格的な単行本。原題はA Brief History of Everyone who Ever Livedで、直訳すれば、『これまで生きてきたすべての人間についての簡潔な歴史』というところだろう。


アダム・ラザフォード博士(提供:文藝春秋)

著者は、上記のような経歴の持ち主なので、啓蒙書の書き手としての腕は確かであり、随所に皮肉やユーモアをまじえた本書は、読み物としてきわめてよくできている。

全体的な内容は、ヒトゲノム計画以降のここ10年ほどの分子遺伝学の成果、ことに化石人類に含まれる微量のDNAを抽出して解読する技術の発展がもたらした知見をもとに、人類進化の実像を、明快かつ平易に語ったものである。

20世紀末までは、古人類学はもっぱら、化石人骨と、洞窟壁画や土器・石器などの遺物に頼らざるをえなかった。歴史時代についても、断片的に残されたわずかな文書記録と、さまざまな歴史遺構しか手がかりはなかった。しかし、DNAの塩基配列の解読は、人類史の解明にまったく新しい地平を切り開くことになった。

なによりも重要なのは、化石からはその特定の個人の情報しか得られないのに対して、塩基配列は、その個人が属する種、集団、民族についての情報をもたらしてくれることだ。

もちろん、1人1人のゲノムは同じものが1つとしてないという意味で唯一無二のものであるが、その個人差は、集団のなかの変異であり、他のゲノムとの比較によって、集団のもつ遺伝子の総体、すなわち遺伝子プールを明らかにできるのである。

本書は2部構成になっていて、第1部では、解読されたゲノムが人類の歴史について教えてくれることが語られる。

私たちホモ・サピエンスの祖先がネアンデルタール人とたびたび交尾し、子をなしていた証拠がゲノムに記されているという衝撃の事実。諸民族の移動を中心にした先史時代以降の世界史の概略。白い肌、青い眼、金髪や赤毛の起源。農耕にともなう乳糖持続症(大人になってもミルクが飲める理由)の出現。東アジア人に多く見られる乾式耳垢の進化。ペスト菌のゲノム解析による黒死病(ペスト)の流行ルートの解明。こうした興味深い研究が紹介されている。

また「王」をキーワードに、遺伝学の重要な話題のいくつかが詳しく解説されてもいる。

1つは遺伝学的な祖先探しは、1000年もさかのぼれば、王族も農民もすべての国民が同じ共通祖先にたどりつくという、直感的にはにわかに信じがたい冷厳な論理的結論。2つ目は、リチャード3世の遺骸の発見と、Y染色体およびミトコンドリアDNAによる身元確認の物語。3つ目は、ハプスブルク王朝の最後の王、スペイン王カルロスの悲劇的な一生から浮かび上がる、近親結婚の弊害と、半面における遺伝学の歴史に果たした近親交配の意義である。

ゲノムには多数のジャンク遺伝子がある

第2部では、ヒトゲノム計画の完成によって明らかになった遺伝子の実像が語られている。ゲノムには多数のジャンク遺伝子があり、遺伝子の発現を制御する調節因子が、異なる染色体上にさえ存在する。

生物が生きていくためには、適切な時間に、適切な場所の細胞で、適切な遺伝子にスイッチが入らなければならない。そのためには、他の遺伝子や環境との複雑な相互作用やフィードバックが必要なのである。そうした遺伝学の成果から人種概念の虚妄を説き、今でこそ機械化されて簡単にできるようになったが、ゲノム解読がどれほど困難な障壁を乗り越えてきたかを示す。

さらに、遺伝子情報から、病気などの原因を特定するための解析作業の深遠を明らかにし、遺伝子検査の結果から、個人の病気や性格について、安易な判定を下す風潮を厳しく批判する。そして最終章では、人類進化の未来が考察されている。


「遺伝子は生命の設計図である」とか、「遺伝子があなたをそうさせる」というような言い方をよく耳にするが、かならずしも適切な表現とは言えない。遺伝子は設計図というよりもレシピであり、最終的にできあがるものは個人(料理人)によって違いがある。特定の遺伝子をもっていたとしても、かならず犯罪者や病人になるわけではない。

多くの人は、「Aという遺伝子があればXになりやすい」というゲノム情報を、「Aという遺伝子をもっていればXになる」と読み替えてしまう。しかし、この情報の根拠になっているのは、Aという遺伝子をもつ人々の集団のうちの何十%かがXの性質を示すというデータなのである。

遺伝子から、単純に個人の運命を判断することなどできはしないのである。ゲノム情報が個人についてではなく、集団についての総合的な情報であるという認識こそ、本書から読み取るべき最大の教訓ではないだろうか。