ショーンK
 TOKYO MXが18日、来年1月1日放送の元日特別番組「世界見聞録〜モンゴルで経済と豊かさを考える旅」(16時〜17時)のナビゲーターにショーンKを起用したことを発表した。ショーンKは昨年3月に経歴詐称問題が発覚。同年4月スタートのフジテレビの報道情報番組「ユアタイム」を降板するなど、活動自粛に追い込まれていた。

 ショーンKは企画、調査、検討からロケにも積極的に参加したといい、同局を通じ談話としてコメントを発表。「国の経済成長とそこに暮らす人々の幸福感を探るという企画趣旨、優秀なスタッフの皆さんの熱意に賛同し、貴重なプロジェクトへの参画機会を頂きました。今後もライフワークとして、この様に社会的にも意義のある企画があればぜひ参加させて頂きたいと思っています」とライフワークという言葉を使い、思い入れの深さを説明した。

 「ただ全方位のメディア活動を積極的に行う意思はございません。ありがとうございました」と語り、騒動以前のように、数多くのメディアに出演する意思はないと改めて説明していた。