画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTT東日本は12月18日、ギガらくWi-Fiを利用する中堅中小向けに、簡単に導入できるお手軽なIoTパッケージを2018年1月18日から提供すると発表した。

このパッケージが、「ギガらくWi-Fi」をIoTゲートウェイとし、IoTセンサー装置やネットワークカメラなどのIoTデバイスと、データ可視化用のクラウド、それらの運用サポートをセットにしたパッケージ。

第一弾として、農業向けにIoTパッケージを提供し、IoTセンサー装置によるビニールハウス内の温度・湿度などのデータの可視化や、ネットワークカメラによる遠隔からのモニタリングにより、生産性向上と業務効率化を支援する。

提供するIoTセンサー装置には温湿度、地温、日射量、静止画カメラ、土壌水分、CO2濃度センサーの機能があり、価格は5年分のライセンス/保守費用が209,500円。この中からCO2濃度センサー機能を除いたセンサーを利用する場合は184,500円となる。そのほか、ネットワークカメラは58,500円となる。

なお、利用する場合には、IoTサポートオプション(月額2500円)とギガらくWi-Fi(月額3300円〜)が必要。なお、価格はすべて税別。

今後、製造業分野などさまざまな業種業態での展開を予定していくという。