エンゼルス移籍が決まった大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

専門家に聞くPRP療法の効果…怪我した組織の修復を促進し、体への負担も少ない

 日本ハムからメジャーほぼ全球団による大争奪戦の末にエンゼルス移籍が決まった大谷翔平投手。米メディアによる一連の狂想曲では、その右肘に注目が集まった。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」が今年10月に右肘にPRP療法を受けていたことを報じたことが発端。ロサンゼルス・エンゼルスのビリー・エップラーGMは大谷に対する予防的な措置と発表したが、米ヤフースポーツは内側側副靭帯に軽度の損傷を負っていると報じるなど、二刀流のスーパースターの剛腕の状態をアメリカも注目している。

 日本ではまだあまり馴染みのない「PRP療法」とはいったい、どのような治療法なのだろうか。サッカー元日本代表MF中村俊輔(磐田)ら、トップアスリートの専属トレーナーを務める新浦安しんもり整骨院入船院・新盛淳司院長に話を聞いた。

◇ ◇ ◇

 PRP(多血小板血漿)とは、血小板を高濃度に含んだ血漿のことです。採血した自分の血から精製し、患部に注射をします。怪我した組織の修復の促進が期待され、スポーツによる怪我に対して、体の負担が少ない治療方法として、注目されています。

 肘や膝蓋靱帯、アキレス腱の故障、ハムストリングの肉離れなどに用いられるケースが増えています。ヤンキースの田中将大投手は2014年の右肘靭帯の部分断裂時、メジャーの投手で一般的な治療法となっている靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)ではなく、PRP療法を選択しました。

 田中投手はシーズン中に公式戦に復帰し、今季もポストシーズンで活躍しました。私がチーフトレーナーを務めるサッカーのJFLブリオベッカ浦安でも過去に膝の故障でPRPの注射を受けた選手がいました。エコーを見ながら患部に注射しますが、かなりの痛みを伴います。注射後も患部への痛みは数日間、続きました。

 大谷選手は10月12日に右足首の手術を受けています。一定期間、投球できない空白期間が生まれたことで、その間にピッチャーにとっての生命線である肘にPRP療法を障害予防の目的で注射した。そういう狙いは大いに考えられると思います。

血小板の抽出方法や重症度で個人差が出るも…万全な状態でメジャーで戦うための選択

 これまでのキャリアを見れば、客観的に自己評価し、様々な情報の中から、自分で最良の選択肢を選ぶことができる選手です。少しでも万全な状態で、メジャーで戦うための選択をしたのではないかと思います。

 PRP療法の効果に対しては様々な議論がされています。血小板の抽出方法や注射部位、怪我の重症度などにより、回復具合には差が出ています。怪我の重傷度が深刻な場合、効果があまり出ないケースもあります。

 PRP注射後は一時的に炎症や腫れ、痛みなど出るケースもあります。通常の手術とは異なり、比較的短期にプレー復帰が可能な療法であることも、アスリートにとっては好都合な治療法であると言えます。スポーツの怪我に対して、治療法のみならず、予防法の選択肢の一つになるという期待の持てる療法だと思います。

 もちろん、この注射だけでなく、その後のリハビリやトレーニングが復帰には重要なことは言うまでもありません。スポーツ選手や愛好家のために多くの医師や研究者の方々が、日々研究を進めています。

 有名なスター選手が選択した治療法だからといって、それが誰にとっての魔法の注射になるとは限りません。あくまでも怪我の状況や適応を見極めた上で、治療法を選択する必要があることも忘れてはいけないことです。

 大谷選手にはメジャーの舞台でも不安のない状況で二刀流に挑戦して欲しいと心から願っています。(THE ANSWER編集部)

新盛淳司
新浦安しんもり整骨院入船院代表。柔道整復師、鍼灸師。新浦安しんもり整骨院入船院、入船しんもり鍼灸(しんきゅう)整骨院、新浦安しんもり整骨院今川院、今川しんもり整骨院、クローバー鍼灸整骨院代表。柔道整復師、鍼灸師の資格を持ち、関節ニュートラル整体普及協会会員。デフ(ろう者)フットサル女子日本代表トレーナー。サッカー元日本代表MF中村俊輔をセルティック時代から支える。JFLブリオベッカ浦安のチーフトレーナーも務めている。