画像提供:マイナビニュース

写真拡大

12月13日、スマホアプリ「LINE」ユーザーが待ちわびていた、送信したメッセージを取り消す「送信取り消し」機能が実装されました。24時間以内と制限はありますが、自分が送信したメッセージを取り消せます。今までにLINEで誤爆(間違って意図しない相手にメッセージを送ること)をしてしまい、恥ずかしい思いをしたユーザーも多いのではないでしょうか。LINEユーザー1,358人に、送信取り消し機能について、本音を聞いてみました。

まず、LINEで誤爆の経験がある人は56.4%(766人)でした。そのうち、個人あてに誤爆したことがある人は85.0%。内訳は、友人が最多で40.2%、次いで家族が20.1%、職場の人が11.1%。全く仲良くない人に誤爆したことがある人も7.3%いました。

グループラインで誤爆したことがあるのは56.4%。グループは、友人同士のグループラインが53.3%、職場のグループラインが22.1%、家族のグループラインが18.4%です。

12月13日に実装された送信取り消し機能については、誤爆経験者の88.0%が「使いたい」と答えました。一方、誤爆したことのない人で「使いたい」と回答したのは72.3%となりました。

もし友人や家族、恋人などが自分に間違ったメッセージを送ってしまったとき、送信取り消し機能を使うべきかも聞いてみました。「メッセージを必ず消してほしい」という人は、誤爆経験者で54.7%、誤爆したことがない人で48.5%。「気になるのでメッセージを消さないでほしい」という人も、誤爆経験者の34.2%、誤爆したことがない人で43.8%います。メッセージを消されてしまうと、その内容が気になる人が一定数いるようです。

メッセージの送信を取り消すと、自分と相手のトークルーム上に「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。相手がメッセージを消したことはわかるのですから、メッセージを黙って取り消された人は「何が送られたんだろう」と、気になって眠れない日々をもんもんと過ごすかもしれません。もし誤爆してしまったら、そして誤爆の送信を取り消したら、相手に一言謝っておきたいですね。

調査時期: 2017年12月11日〜2017年12月15日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 1,358件

調査方法: インターネットログイン式アンケート