資料写真

写真拡大 (全2枚)

(台北 18日 中央社)大陸からの寒気団が流れ込んだ影響で、17日の台湾本島は各地で冷え込み、淡水(新北市)で11.3度、離島・馬祖で7.3度、蘇澳(宜蘭県)で11.5度など各観測点で今季最低気温を記録した。中央気象局が18日発表した24日までの週間予報によると、18日は寒気団が弱まる影響で、各地で気温がやや上がるものの、19日には再び寒気団が襲来し、20日から23日朝までは各地で朝晩の冷え込みが強くなる見込み。台南以北では一部地域で最低気温が11度まで下がる可能性がある。気象局は、防寒を心掛けるよう呼び掛けている。

18日の各地の予想最高気温は台北市16度、台中市20度、高雄市23度、宜蘭県17度など。北部や東部では雨が降るところもある。玉山や合歓山など標高3000メートル以上の山では雪が降る可能性もあるという。

20日から23日までの各地の予想最低気温は、北部12〜13度、中部11〜13度、南部12〜15度、北東部12〜15度。

23日日中からは寒気団が弱まり、次第に気温が上昇するとみられている。

(陳葦庭/編集:名切千絵)