木南晴夏、松井玲奈、内田理央ら『海月姫』出演!衝撃のオタク女子姿を公開

写真拡大

木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子が、2018年1月にスタートする芳根京子主演の新ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)に出演決定。自らを「尼〜ず」と名乗るオタク女子たちを演じる4人の、個性的な姿が初公開された。

本作は、東村アキコの累計発行部数440万部以上を誇る大ヒット同名作品のドラマ化。筋金入りの“クラゲオタク女子”の倉下月海(芳根)が、女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と、その弟・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会ったことをきっかけに、新しい自分や生き方を発見。さらに三角関係になり、自分には一生縁がないと思っていた恋を知る様子がギャグを交えて描かれる、新感覚の“シンデレラ・コメディー”だ。

4人が演じるのは、月海と共に男子禁制アパート「天水館」で暮らす女子グループ。枯れ専(枯れたオジサマ好き)の“ジジ様”役に決定したのは、フジテレビ系連続ドラマでは『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』『貴族探偵』といった話題作で熱演した実力派女優の木南。漫画の大ファンだという木南は「好きな作品だけにプレッシャーはありますが、『海月姫』の世界観を楽しみたいです。とにかく影が薄い役なので、存在感を消すことに徹底しています。あとは立ち姿などの見た目を、少しでも原作に忠実に再現したいと思っています」とコメント。

また、鉄道オタクの“ばんばさん”役を演じる、月9ドラマ初出演の松井は「尼〜ずとして参加できること、そしてばんばさんという出会ったことのないタイプの役をいただけてガッツポーズが出ました! まずは楽しみたいです! 原作のばんばさんは小さいのですが、背の高いまややと一緒にいることが多いので、2人の身長差を感じてもらえるように、できるだけ丸まっているよう意識しています。鉄道好きという部分では素の自分と共通点がありますが、それだけではない、ばんばさんの心の世界を寡黙なお芝居の中で出せれば」と意気込みを語る。

さらに、三国志オタクの“まやや”役は、同じく月9ドラマ初出演となる内田に決定。内田は「(オファーが来た時は)びっくりしました! まややは尼〜ずの中でも切れ長の目で背が高く、とにかくキャラクターが激しいイメージなので、なぜ自分に……と。でも母と親友に話したら“ぴったりじゃん! いつもそんな感じだよ”と言われました(笑)。私も学生時代、このような上下ジャージ姿で一歩も外に出ず、家で漫画を読んでいたオタクの時期があったので、気持ちが分かります。その時代を思い出して頑張ります!」と力を込める。

そして和物オタクの“千絵子”を演じる、こちらも月9ドラマ初出演ながら舞台経験豊富な富山は「率直に非常に嬉しかったです。前から漫画を読んでいて“髪をまとめたらちょっと似ているかもしれない”と感じていたので、この容姿で良かったと思いました。千絵子は目力があるし、特徴ある目で感情を表すことが多いので、いかに近づくか。普段から目に力を入れる練習をしています(笑)。早く着物に慣れるようにしなくては。天水館に“住んでみたい”と思っているので、これからの撮影も楽しみです」と語る。

彼女たちのオタクっぷりは、一見ギョッとするかもしれないが、実は世の女子たちがクスッとできる、そして共感できる部分を多く持っている。4人の不思議な絆が、月海が新しい自分を見つける上で、時にすてきな道標になっていくという。編成企画の渡辺恒也(フジテレビ編成部)は「尼〜ずの完成度の高さが、ドラマの成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。原作の再現度とキャラクターのインパクト、そしてドラマならではの現実味、という三つの要素が絶妙に組み合わさった最高のキャスティングができたと自負しています! 尼〜ずはみんなそれぞれのオタク道を究めようとする求道者たちの集まりですが、それが故に外の世界と関わることに臆病になってもいます。そんな彼女たちがこのドラマでの出会いを通してどう変わっていくのか、視聴者の皆さんには自分の親しい友達を見るかのように、見守っていってもらえれば」と語っている。