スマイリー・コーフマン、ジャスティン・トーマス【写真:Getty Images】

写真拡大

アーノルド・パーマー・インビテーションで体長1m超えの巨大なワニが登場

 ゴルフ場は自然豊かな環境に作られていることが多く、バンカーや池の他にも、丘や小川などがコースを彩る。海を渡ればそのスケールはいっそう大きくなり、米ツアーではコース上にワニが登場。手で触って追い払う者、びっくりして迂回する者、PGAツアー公式ツイッターが反応を動画付きで紹介し、「世の中には2種類の人間がいる」と思わず笑ってしまうほどの反響がファンに広がっている。

 年の瀬を迎えるなか、PGAは2017年の珍場面プレイバックとして、3月に米フロリダ州オーランドのベイヒルクラブ&ロッジで行われたアーノルド・パーマー・インビテーショナルでの出来事を動画で回想。6番パー5で、日本では馴染みのない異様な光景が広がった。

 コースに隣接する池の縁に大きな物体……体長1メートルを超えているであろうワニだった。日向ぼっこのごとく、じっと休んでいる一頭は、見事に選手たちが通るコース上を陣取っている。

 逃げ出しても何ら不思議のない状況だが、世界ランク3位の24歳ジャスティン・トーマス(米国)は片手をポケットに入れながら恐れることなくワニに近づくと、左手で尻尾付近にタッチ。逆に驚いたワニは慌てて池の中へと消えていった。

 映像で、“もう一人”の反応として取り上げられたのが、世界ランク232位のスマイリー・コーフマン(米国)だ。ルイジアナ州立大出身の26歳は、自身の左側にある池に目をやりながらゆっくりとコースを歩いていたが、進行方向を見た瞬間、数メートル先に大きなワニがいることに気づき、大きく後ずさり。大きく迂回するコーフマンの動きを察知したキャディーもワニを見つけると小走りに逃げ出し、コースマンは最後にパターを芝の上に放り出して苦笑いするしかなかった。

トーマスはワニを追い払い、コーフマンは思わず後ずさりして迂回する対照的な反応

 驚きとともに、思わず笑ってしまう珍事に、PGAツアー公式ツイッターは「世の中には2種類の人間がいる」と動画付きで紹介。さらに、この投稿を引用する形で当事者の一人であるトーマスも「ヘビ以上にスマイリー・コーフマンを怯えさせる唯一の存在だね」と自身のツイッターを更新し、ファンに反響を呼んだ。

「ワイルドだ」
「なんて恐怖なんだ」

 ワニの登場に驚く声もあれば、「気にすることはない。前者ができるのは選ばれし者だけだ」とコーフマンへの激励、「スマートなナイスガイだ…」「ポケットに手を入れて…信じられないほどにカジュアルだ」「トップの戦線でしのぎを削っているだけある」といったトーマスの落ち着き払った対応への称賛も見受けられた。

 もし、コース上にワニがいたら…。あなたはどちらの反応を示すだろうか。

【動画】進行方向にワニ発見、あなたはどうする? PGA大会公式ツイッターが紹介した“2種類の反応”の一部始終