ピンク・レディー、39年ぶり『レコ大』出演!阿久悠にSPメドレー捧ぐ

写真拡大

ピンク・レディー(ミイ・ケイ)が、12月30日(土)17時30分から新国立劇場より生放送される『第59回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)に39年ぶりに出演し、一夜限りのスペシャルメドレーを披露することがわかった(※一部地域で放送開始時間が異なる)。

1976年に新人賞、1977年に大衆賞、そして1978年にレコード大賞を受賞。空前のブームとともにレコード大賞を駆け抜けたピンク・レディー。彼女たちの活躍は『スター誕生!』(日本テレビ系)でその才能を見出し、盟友・都倉俊一とのタッグでミリオンヒットを連発した、不世出の作詩家・阿久悠の存在を抜きには語ることができない。没後10年、作詩家50年、今年再び脚光を浴びた昭和歌謡の巨人である阿久は、偉大な功績と稀有な才能が改めて再認識され、今年の「レコード大賞特別賞」を受賞。今回彼女たちは、この受賞を祝して番組に出演する。

また、マイケル・ジャクソンやレディー・ガガ、マドンナ等のデザインを行っているザルディ・ゴコが、このスペシャルメドレーのためだけに、特別衣装を制作することが決定。華やかに彩られた衣装を身に纏い、当時を再現するかのようなステージングを披露する。

阿久について、ミイは「まさにピンク・レディーの産みの親、恩師だと思っています。阿久先生がいなかったらピンク・レディーは生まれなかったと思います。阿久先生は地球人とは思えないですね。学生時代を覗いて見ていたかのような歌詞のほか、情緒溢れる作品も書いていらっしゃる。でも会うたびに優しい眼差し、言葉を掛けてくださって、いろんなものを兼ね備えた存在だなと思います。全体像が見えないぐらい大きい存在ですね」と畏敬の念を抱く。一方のケイも「偉大な父のような方。語弊があるかもしれないですが、“神がかった父”ですかね。後光がさしている。ちょっと近づきがたくて、遠くで月の光のようにやさしく照らしてくださるような存在でした。阿久先生がいなかったらピンク・レディーの存在はないと言い切れます。阿久先生、都倉先生、なんといっても土居先生の振り付け、この三つが揃って無かったらピンク・レディーという存在はここまで大きくなってはいなかったと思います。阿久先生は自分の人生を変えてくれた大切な存在です」と思いを語る。

また、阿久が手がけ、レコ大大賞に輝いた「UFO」については、「びっくりしましたね。“地球の男に飽きたところよ”って、自分の存在がなんなのだろう。何か使命を受けて地球にやってきて、こういう曲を歌わせてもらっているみたいな、そんな曲でしたね」(ミイ)、「UFOが題材になるってどんな歌詞なんだろうって。恋愛の歌なのに最後が、地球の男に飽きちゃう。阿久先生ワールドというか、見ている世界が違うというか。宇宙人にあったことがない人だったら、ああいう歌詞を書かないんじゃないかって。なので、今でも阿久先生は宇宙人または、宇宙人に会ったことがある、または、宇宙人に愛された人だと思っています」(ケイ)と、それぞれ語る。

そして、ミイは「ピンク・レディーは4年と7か月あの時代に活動して、あれから35年以上経つのですが、そんな中でも多くの人たちがいまだに愛してくださる楽曲ばかりなんです。なので自分が元気なうちは大切に歌い、皆さんにお伝えてし続けていきたいです。きっと阿久先生は見ていると思うので、感謝の気持ちとともに思いっきり出し切って、楽しく歌わせて頂こうと思います。二人とも約60歳なので、どこまでできるかわかりませんが、今のベストを尽くして皆さんに喜んでいただけるように頑張ります。ぜひ楽しんでください!」と、ケイは「6年ぶりに二人で歌います。毎年命日にお墓に行って、毎年先生といろんなお話をして、この6年間でまた二人で歌えるときがくるといいなっていう話もしていて、あ、先生やっぱり宇宙人だと思って。先生がまた二人で歌う機会をくださったんだなって、先生ありがとうって気持ちで歌いたいなって思います。当日は楽しんで、阿久先生に届くようにパフォーマンスしたいと思います」と意気込みを語っている。