17日、韓国メディアは、韓国政府が進めている日韓慰安婦合意の検証について「結果は年内に発表されるが、それに基づく政府の後続措置が取られるのは来年2月以降になる見通し」と伝えた。写真は在韓日本大使館前で行われた、日本からの謝罪などを求める水曜集会。

写真拡大

2017年12月17日、韓国・JTBCは、韓国政府が進めている日韓慰安婦合意の検証について「結果は年内に発表されるが、それに基づく政府の後続措置が取られるのは来年2月以降になる見通し」と伝えた。

韓国政府は、年内に日韓慰安婦合意の検証結果を発表し、日本政府が拠出した10億円の意味や「最終的かつ不可逆的解決」との単語が含まれた背景、慰安婦像の撤去問題が言及されている理由など、合意当時の問題点について詳細に指摘する予定だ。また、合意当時のイ・ビョンギ韓国大統領府秘書室長と谷内正太郎国家安全保障局長による8回にわたる非公開会談の内容も公開されるという。

ただ、韓国政府は検証結果に関して「すぐに政府の立場に反映させることはない」との立場を示している。韓国外交部当局者は「政府による後続措置は検証結果の発表から1〜2カ月後になる」とし、「総合的な判断をするためには時間が必要だ」と説明した。これは「日韓関係に及ぼす影響を多方面から分析するため」であり、「これ以上の関係悪化を避けたい現実的理由と、来年に予定されている日中韓首脳会談や平昌五輪時の安倍晋三首相の訪韓問題などを考慮した」ものとみられている。

政府のこのような対応について、一部では「慰安婦合意を再交渉するというこれまでの立場から後退した」と指摘する声も出ている。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「難しい問題だけど、今の外交部は冷静にうまくやっている」「国益を追求する今の政府を応援する」など政府を支持する内容のコメントが寄せられている。中には「現政府の努力に感謝。でも前政府の尻ぬぐいだけで文大統領の任期が終わってしまいそう」と懸念する声も。

一方で「日本の平昌五輪不参加を懸念しているの?情けない」「中国だけでなく日本にまでへりくだるの?」「外交部はこれ以上、国民を裏切って日本と米国に忠誠を尽くす恥ずかしい行動をやめるべき」など批判的な声も多く、「一度でいいから日本政府の心からの謝罪が聞きたい」「北朝鮮の核や平昌五輪と慰安婦の問題は別だ。慰安婦合意は国民の希望通りに破棄してほしい」などと訴える声がみられた。(翻訳・編集/堂本)