ソウル広場の野外スケートリンク(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は18日、市庁前のソウル広場の野外スケートリンクを22日にオープンすると発表した。来年2月25日まで運営する。

 営業時間は日〜木曜日が午前10時から午後9時半まで、金・土曜日と祝日は午前10時から午後11時まで。今月24、25、31日は翌日午前0時半まで延長される。

 利用料金は1時間1000ウォン(約100円)。外国人向け観光パス「ディスカバーソウルパス」の所持者は無料で利用することができる。

 オープン当日の22日は、午後5時半から未来のフィギュアスケーターによるアイスショーなどが行われる。また、来年2月に韓国で開かれる平昌冬季五輪に合わせ同月1〜14日にカーリングの体験ゾーンが設けられるなど、五輪関連イベントも予定されている。

 ソウル広場のスケートリンクは2004年に初めて設置され、今や冬のソウルの人気スポットに定着した。ただ昨季は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の退陣を要求する大規模な市民集会がソウル中心部で繰り返し開催されたことから、安全を考慮して運営が見合わされた。