氷川きよし、挑戦づくしの2017年を凝縮した【きよしこの夜Vol.17】をレポート 20周年への決意も語る

写真拡大

 氷川きよしが12月13日、14日の2日間にわたり東京国際フォーラムホールAにて【氷川きよしスペシャルコンサート2017〜きよしこの夜Vol.17〜】を開催し、計4公演で約2万人を動員した。ここでは2日目となった14日の公演をレポートする。

氷川きよし ライブ写真(全3枚)

 2001年より毎年行われている恒例のクリスマスライブは、1年の集大成を飾るに相応しい2017年最後のコンサートとなった。この日は11月に発売された『新・演歌名曲コレクション6−碧し−』からの楽曲や、今年一年歌い続けてきたシングル『男の絶唱』など、全26曲を披露。さらに、2018年1月にリリースが決定した「勝利の花道」をいち早く初披露するなど、実に豊富な内容でファンの心を満たすコンサートとなった。

 この日の会場では、髪飾りやサンタの帽子をかぶり胸を躍らせるファンも多く見受けられ、このコンサートが氷川とファンとを繋ぐ大切なイベントであることを改めてスタート前から感じさせてくれた。緞帳が上がると、三味線と尺八の演奏とともに氷川が白の上衣と紫の袴姿でステージ中段に登場し「じょんがら挽歌」でライブがスタート。そこから続けて「一剣」を紙吹雪の中で歌唱し、「箱根八里の半次郎」を立て続けに披露。MCで氷川は「これまで(きよしこの夜を)17回、本当に真心を感じて演らせていただいています。今日も真心を込めて、お一人お一人の心に届くように歌いたいと思います」と挨拶し深々と頭を下げた。そして昨年の紅白歌合戦では熊本城の前で披露した「白雲の城」で圧巻の歌声を届けた。

 その後は、漆黒の革スーツ姿で氷川がステージ最上段に登場すると雰囲気はがらっと一変。「フォーラム行くぜー!」と叫ぶと「限界突破×サバイバー」でヘッドバンギングも披露し会場を湧かせる。そして、Greeenの書下ろしによる「碧し」、「わたしのふるさと」、「櫻」と演歌の枠を超えた自身の新境地とも言える楽曲を立て続けに披露し、様々な表現力や歌声の幅広さを証明した。

 中盤、赤のスーツに衣装チェンジし新アルバムの収録曲「離郷しぐれ」、「新宿ブルームーン」、そして「時代(とき)を駆ける男」を歌唱。氷川は「恐縮ではありますが僕の人生を歌で表現させて頂きました。今の3曲はデビューする前、東京に上京することになった想い、上京し歌手になってからの想いです」と述べ、「僕は歌手ですから。歌で自分の想いを伝えていきたいと思っています。」と静謐ながら真っ直ぐに語る。そして、「実は、想いを伝える曲をもう1曲ここでお送りさせていただきたいと思います」と告げ新曲のリリースを発表。氷川は新曲について「老若男女の皆様に送る人生の応援歌となっている演歌です。誰と比べるものでもなく、自分自身をまっすぐに生きる。勝った負けたと自分で決めるんじゃないという、励ましを送る作品に出会えました」と「勝負の花道」をファンの前で披露した。

 終盤のMCでは、「今年はいつも以上に話題豊富な年でした」と振り返り自身が40歳を迎えたことに触れ、「苦悩の20代、求めるものを見つけた30代があり今はデビュー18年目。ここからは20周年という目標に向けて、大輪の花を咲かせられるように精一杯突き進んで参ります」と決意を語り、「男の絶唱」で本編のラストを飾った。

 アンコールでは、ハットから靴までカラフルな燕尾服を纏い「きよしのMerry X'mas」と「クリスマスがめぐるたび」とクリスマスメドレー。その後、ステージ前方に設置されたリフターに乗り「きよしのソーラン節」を披露すると、最後は「きよしのズンドコ節」の「き・よ・し!」コールで最高潮の盛り上がりの中ステージを締めくくった。

 今年1年を通して歌ってきた「男の絶唱」は今年で放送終了となる【第50回日本有線大賞】にて前人未到の9度目となる有線大賞を受賞し、年末には【第59回日本レコード大賞】で優秀作品賞に選出、さらに【第68回NHK紅白歌合戦】にもデビュー以来18回連続出場を果たす。またこの1年は、6月の明治座での1か月公演やフジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超』のオープニング・テーマ「限界突破×サバイバー」で初アニメソングへの挑戦、【アニメロサマーライブ】へのサプライズ参戦など活動の幅もファン層もさらに広がった印象の氷川きよし。演歌界に彗星のごとく現れてから現在に至るまで輝かしい功績を打ち立て続け、さらに新たなフィールドにもガンガン攻め込んでいく氷川の魅力はやはり言葉だけで語り尽くせるものだけでなく、歌こそ彼の人生なのだと改めてファンにその想いが届いたライブだったのではないだろうか。

text:神人未稀


◎【氷川きよしスペシャルコンサート2017〜きよしこの夜Vol.17〜】
<セットリスト>
M01 じょんがら挽歌
M02 一剣
M03 箱根八里の半次郎
M04 白雲の城
M05 限界突破×サバイバー
M06 碧し
M07 わたしのふるさと
M08 櫻
M09 男花
M10 愛しのテキーロ
M11 酔わせてオルホ
M12 離郷しぐれ
M13 新宿ブルームーン
M14 時代(とき)を駆ける男
M15 勝負の花道
M16 炭坑節
M17 おまえに惚れた
M18 人形の家
M19 川中島回想
M20 ちょいときまぐれ渡り鳥
M21 大井追っかけ音次郎
M22 男の絶唱
[アンコール]
M23 きよしのMerry X'mas
M24 クリスマスがめぐるたび
M25 きよしのソーラン節
M26 きよしのズンドコ節