2017年の「BBCスポーツ・パーソナリティー・オブ・ザ・イヤー」に選出された陸上男子長距離のモハメド・ファラー(2017年8月24日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英BBCは17日、2017年の「BBCスポーツ・パーソナリティー・オブ・ザ・イヤー(BBC Sports Personality of the Year)」を発表し、五輪で計4個の金メダルを獲得した実績を誇る陸上男子長距離のモハメド・ファラー(Mohammed Farah)が初受賞を果たした。

 ファラーは今年、8月に行われた第16回世界陸上ロンドン大会(16th IAAF World Championships in Athletics London)で5000メートルこそ銀メダルに終わったものの、1万メートルでは大会連覇を達成。今後はロードレースに集中するため、同月にはトラック種目から引退した34歳は、2020年東京五輪でマラソンを走る可能性もあると話している。

 この日、リバプールで行われた表彰式を欠席したファラーは、「本当に最高だ。信じられないよ」「自分が取れるとは想像していなかったが、どんなことでも起こり得る。ハードワークできれば、夢はかなえられるものなんだ」と中継で喜びを語った。

 8万3524票を集めたファラーは、スーパーバイク世界選手権(World Superbike)で史上初の3連覇を飾った北アイルランドのジョナサン・レイ(Jonathan Rea)を2位、パラリンピックの陸上男子短距離で2度の頂点に輝いたジョニー・ピーコック(Jonnie Peacock)を3位に抑えての受賞となった。
【翻訳編集】AFPBB News