画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、太平洋工業、および岐阜大学は、太平洋工業の工場内で収集した製造機械の動作音や振動データをAI(人工知能)を用いて解析し、検知した動作音や振動の変化から製造機械の故障を予知する実証実験を、12月18日より開始すると発表した。

太平洋工業は、主に自動車関連のプレス製品の製造・販売を行う専門メーカー。同社はこれまで経験を積んだ従業員が製造機械故障の兆候察知に努めてきたが、全件把握は難しく、製造機械の故障による突発的な稼働停止時間の損失を減らすことが課題だったという。

今回の取組は、太平洋工業の工場で、製造機械の動作時に、AI技術の一種であるディープラーニングを用いて、NTT Comと太平洋工業が正常音とのずれを検知し、故障を予知する実証実験に取り組み、太平洋工業と岐阜大学が振動の変化を検知し、故障を予知する実証実験を行う。

正常音とのずれ検知では、NTT Comは、太平洋工業の工場内に取り付けた集音マイクを通じて、製造機械の動作音データをクラウド上に蓄積。その後、収集した動作音データを、NTT研究所の「ノイズキャンセル技術」、およびAIを活用した「音の特徴解析技術」と「正常音とのずれを検知するモデル」を用いて、動作音が正常かどうかを判別するシステムの開発を行う。なお、AIはNTTグループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を活用する。

振動の変化の検知では、太平洋工業は、工場内に取り付けた無線式3軸加速度センサーから、製造機械の振動データを収集。岐阜大学のAIを活用した「振動解析技術」と「振動の変化を検知するモデル」を用いて、振動が正常かどうかを判別するシステムの開発を太平洋工業と岐阜大学で行う。