画像提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは12月15日〜25日の期間中、マインドフルネスを取り入れた美容メソッドを体験できる「Panasonic Beauty SALON表参道」を「表参道ヒルズ」(東京都渋谷区)の本館B3F スペース オーにオープンさせている。

同スペースでは期間中、パナソニックビューティが東京マインドフルネスセンター センター長の長谷川洋介氏監修のもとで開発したマインドフルネスを採用した新・美容メソッド「Panasonic Beauty-Fulness 」を体験できる。

マインドフルネスとは、禅にルーツを持つ心を整えるためのメソッドのこと。「今」この瞬間に集中し、過去や未来に関する雑念から自身を解放することで、ストレスの軽減や集中力を高める効果があると言われている。同スペースでは、最新の美容家電を使用してケアする時間を利用し、マインドフルネスを行うことができるという。

期間中は、RF美容器を中心とした「egao(えがお)」コースと、導入美容器イオンエフェクターを中心とした「uruoi(うるおい)」コースから好きなコースを選べる。会場内は全席にリクライニングソファを設置。ゆったりとリラックスしながら体験できるという。

また、すべての体験席には、タブレットとハイレゾ対応インサイドフォンを設置する。モデルの水原希子さんが選んだ音楽を聴きながら、「Panasonic BeautyFulness」のメソッドムービーを視聴できる。新メソッドを体験した人には、スイーツコーナーにて「パナソニックビューティ オリジナル レインドロップケーキ」をプレゼントする。

同スペース入口には、スノードームをイメージしたフォトスポットも設置する。肌診断コーナーでは、スタッフが肌の状態を診断し、一人ひとりに応じた美容家電体験を提案。そのほか、「RF美容器」「導入美容器 イオンエフェクター」「ヘアードライヤー ナノケア」「スチーマー ナノケア」「目もとエステ」などの最新美容家電を無料で体験できる。

営業時間は11:00〜21:00(17日のみ20:00まで)。

12月25日まで、表参道ヒルズの外壁・ストリートバナー・ビルボード・館内コルトン・館内ボードは、水原希子さんを起用したビジュアルで彩られる。また、12月14日からは「Panasonic Beauty」公式サイト上にて、自宅で「Panasonic Beauty-Fulness」が体験できる動画コンテンツを公開している。