15日、日本の研究チームが割れても断面をつなぎ合わせておけば元の強度で復元できるガラス材料を開発したとのニュースが韓国で注目を集めている。資料写真。

写真拡大

2017年12月15日、日本の研究チームが割れても断面をつなぎ合わせておけば元の強度で復元できるガラス材料を開発したとのニュースが韓国で注目を集めている。ガラスは一度割れると材料を構成する分子間の結合が切れるため、高温で溶かさなければ再利用は難しいとされている。

韓国・聯合ニュースによると、東京大学の相田卓三教授の研究チームは、常温で割れた断面を1〜6時間つなぎ合わせておけば元に戻る素材を開発したという論文を米科学誌サイエンスに発表した。

常温で割れ目が自然修復する物質は、ゴムのように柔らかい材料では発見されているものの、ガラスのように硬い材料では実現が難しいと言われている。研究チームの柳沢研究員は「最初に発見した時は半信半疑だった。論文も多くの指摘を受けながら何度も実験を繰り返した」と明らかにした上で、「くっ付くガラスが環境に有益な材料になってほしい」と話したという。

このニュースは韓国のネット上で大きな注目を集めており、ネットユーザーからは「日本は研究の匠。学ぶところの多い国だ」「日本の技術力は世界一」「やっぱりノーベル賞大国は違うね」など称賛の声が寄せられている。

また、「地震で窓ガラスが割れても、次の日には元通りになるってこと?」と驚く声や、「それでスマホの液晶画面を作ったら最高!」「割れたスマホの画面が数時間でくっ付くなんて夢のようだ」と期待する声も。

一方で「本当かな?自分の目で確かめるまでは信じられない」「いくら日本とはいえ、論文のねつ造が100%ないとは言えない」などと疑うユーザーのほか、「日本が人間関係において生じた心のひび割れを元通りにする技術を開発してくれたらいいのに」と願うユーザーもいた。(翻訳・編集/堂本)