デスクワークが速く見える人の"カラクリ"

写真拡大

何が勝ち組と負け組を分けるのか。雑誌「プレジデント」(2017年3月6日号)の特集「『働き方』全課題60」では、「超一流の仕事術 全解明」として、より成果を上げるためのノウハウを各方面のエキスパートに取材。今回は、京都大学客員准教授でエンジェル投資家の瀧本哲史氏が「生産性アップ」について解説する――。

■ショートカットキーを覚えれば生産性は上がるのか

「生産性を上げろ」とよく言われるが、意味の取り違えも散見する。生産性とは、「得られた成果」に対する「投入した資源」の割合を指す。成果が同じであれば、仕事のスピードが速いほど生産性は上がるから、タッチタイピングを練習したり、ショートカットキーを覚えたりする人がいる。間違いではないが、それは本質ではない。

マッキンゼーの人材育成マネジャーだった伊賀泰代氏は、近著『生産性』(ダイヤモンド社)で、主に2つのことを論じている。1つは「改善」ではなく「革新(イノベーション)」によるアプローチの重要性。もう1つはイノベーションを引き起こせるような人材登用とチーム編成のあり方。この指摘は重要だ。『生産性』という書名だが、そこには「デスクワークを効率的にこなそう」ということは書かれていないわけだ。なぜなら、それぞれの働き方を変えるぐらいではイノベーションは起こらない。生産性を上げるには、チームや組織全体を変える必要がある。

これは生産性の定義を正しく理解していれば、すぐわかることだ。たとえばひとりのビジネスパーソンの生産性を測る場合、投入資源(インプット)となる分母は「どれだけ働いたか」、成果(アウトプット)となる分子は「どれだけお金を稼いだか」となる。このため、おおよそ、給与が高い人ほど生産性は高い。しかし「給与が高い人ほど、仕事がデキるか」といえば、そうではないのは明らかだろう。

給与は企業規模と比例する。これは「大企業の従業員は中小企業より能力が高いから」ではない。給与が高いのは、大企業のほうがより効率的に儲かる仕組みをもっているからだ。中小企業であっても儲かっている企業は給与が高い。それが「生産性の高い企業」ということだ。

個人の立場で生産性を上げようとするなら、より給与の高い企業へ転職すればいい。仕事のスキルを磨いて、昇進を待つより手っ取り早い。一方、所属する組織の生産性を上げたいと考えているなら、伊賀氏が説くように、チームレベルで問題解決を図る必要がある。

■仕事を抱え込まない人はデスクワークも速い

たとえば自分にしかできない付加価値の高い案件に集中し、誰がやっても大差ない仕事、ほかの人がやったほうがいい仕事は周囲に振る。こうしてチーム全体の効率を上げられる人が、生産性の高い人なのだ。こうした人は仕事を抱え込まないので、デスクワークも速く済ませているようにみえるだろう。

▼「能力が高い」=「仕事が速い」と考えると間違えてしまう

----------

瀧本哲史
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。東京大学法学部卒業。マッキンゼー勤務を経て、エンジェル投資家に。『ミライの授業』など著書多数。
 

----------

(京都大学客員准教授、エンジェル投資家 瀧本 哲史 構成=小泉なつみ)