12月14日に発表、発売された新型スズキ・スペーシア/スペーシア カスタムは、軽ハイトワゴンに分類され、いま最も売れているジャンルに入ります。

プレス向け発表会で鈴木俊宏社長は、先代が販売面でホンダN-BOXの後塵を拝した点について、「デザイン」や「N-BOXの方がより大きく見える」、営業力の差などを掲げています。

新型スペーシア/スペーシア カスタムは、先代よりも全高を50mmも高く、着座位置も高めることで、見晴らしの良さと広さ感を強調。また、スペーシアは「スーツケース」をデザインのモチーフとして、ボクシーでありながら個性を演出。スペーシア カスタムは圧倒的な迫力をもたらすフロントマスクが目を惹きます。

全車マイルドハイブリッドを搭載する新型スペーシア/スペーシア カスタムには、衝突被害軽減ブレーキの「SUZUKI Safety Support」を全車標準装備(非設定車も用意)。

軽自動車初の装備として、後退時ブレーキサポート、フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ、全方位モニター用カメラパッケージの3Dビュー、直接肌に当たるエアコンの風をソフトにできるエアコンルーバーが用意されています。

スズキが得意とする原価低減策などにより、スペーシアの価格帯は133万3800円〜158万9760円、スペーシア カスタムは157万6800円〜190万8360円です。

居住性や積載性などを大幅にアップデートした新型スペーシア/スペーシア カスタム。さらに軽自動車初の安全装備などを数多く採用することで、最大のライバルであるホンダN-BOXにどこまで迫れるか注目が集まります。

(文/写真 塚田勝弘)

【新車】新型スペーシア/スペーシア カスタムは軽自動車初の最新装備でN-BOXに追いつけるか!?(http://clicccar.com/2017/12/18/539897/)