16日、観察者網は記事「スペイン、台湾当局の抗議を無視し、振り込め詐欺犯121人を中国本土に引き渡し」を掲載した。近年、犯罪者、とりわけ振り込め詐欺犯の引き渡しをめぐって中国本土と台湾が対立している。

写真拡大

2017年12月16日、観察者網は記事「スペイン、台湾当局の抗議を無視し、振り込め詐欺犯121人を中国本土に引き渡し」を掲載した。

【その他の写真】

近年、犯罪者、とりわけ振り込め詐欺犯の引き渡しをめぐって中国本土と台湾が対立している。摘発を免れるため、海外から中国本土に電話をかける振り込め詐欺が横行していたが、近年逮捕される事例が相次いでいる。問題はその後だ。逮捕者の中には中華人民共和国国籍、中華民国国籍が混在しているが、中国本土と台湾の双方が引き渡しを求めて対立している。中国本土に送還されるケースが続いているが、このたびスペインも新たな事例となった。

昨年、スペインでは13の振り込め詐欺拠点が摘発され、269人の中国系、台湾系の振り込め詐欺犯が逮捕された。台湾メディアの報道によると、うち中華民国籍は210人に達するという。すでにそのうちの121人に有罪判決が下されており、中国本土と台湾のどちらに送還されるのかが問題となってきた。台湾当局は繰り返し引き渡しを求めてきたが、スペイン政府からの回答はなく、このたび中国本土への送還が決まった。(翻訳・編集/増田聡太郎)